発達障害のあるお子様への学習支援活動

アップルでは学校での対応が急がれるLD(学習障害)やADHD(注意欠陥・多動性障害)など、発達障害のある生徒さんを専門的な知識でサポートする取り組みを行っております。仙台市発達支援センター(アーチル)さんの例を見ると相談だけで年間7,000件(2010年現在)もあるというのが現状です。多様化するニーズに対し、教育サービスができる取り組みの可能性を真剣に考え、きめ細かいサービスを提供することが必要となっています。

東北ニュービジネス大賞 奨励賞受賞

社団法人東北ニュービジネス協議会主催“第14回東北ニュービジネス大賞表彰制度”で『東北ニュービジネス大賞 奨励賞』を受賞。専門的な知識をもつ教師の育成や実際の授業での取り組みが、サービス、ビジネスとして継続性があるという点で評価をいただきました。

指導例

指導までの流れ

1.当社特別支援コーディネーターがまず面談に伺います。

面談では、生徒さんのいいところを引き出すための面談を行っております。
まずは信頼関係を気付いた上で、学習に必要なプログラムを検討します。

2.面談を通し、適任の教師を選考いたします。

担当する教師は、特別支援における知識を持つ教師を中心に選考いたしますが、私たちが大切にしているのは、お子様の個性をしっかり受け止め、お子様の目線にたって指導をしていける教師を派遣することだと思っております。教師の希望などはあらかじめ承ることができます。

3.教師とも学習指導におけるポイント、注意点などを十分に確認し、授業に入ります。 4.その後、月に1回(多いときで週1回程度)ご家庭、教師と密に連絡を取り、指導の工夫などを行います。 もっと詳しいアセスメントなどを希望される方は学習能力開発財団へ

プログラム例 中学2年生 男の子の場合

長期目標 学ぶ喜びを身につけよう
  • 楽しみながら知識を身につけていく
  • 楽しみながら知識を活用していく
  • 本人にあった、ペース、やり方を確立していく
  • 1つ1つの達成感を味わいながら学んでいく
短期目標 生徒さんが知っている知識をフルに活用できるようできるだけ言葉で意味づけをして学ぶようにする。
授業計画 達成感を味わうために・・・
数学(計算)、英語(単語)、国語(漢字)の小テストを行う。
テストの結果ではなく、頑張った過程を褒めるようにする。
小さい達成感を味わうことで、次の目標が見えてくることが多いためです。

地域医療機関との連携

アップルは地域の医療機関やNPO発達支援センターさんと連携して、ご紹介いただいた生徒さんの学習のサポートをしております。

私たちがアップルさんを紹介しています

アップルさんの教師は、専門の研修を受けたスタッフも多く、安心して任せられます。スタッフ一人ひとりの対応がとても良く、障害のあるお子さまとそのご家族への理解が深い。専門的な知識のあるプロの先生の学習サポートならばと思い、アップルさんをご紹介しております。

五十嵐小児科
副院長 今先生

発達障害を中心に、てんかんなどの小児神経疾患を専門にしている。京大教育学部、佐賀医大を卒業。東北大学医学部付属病院での勤務を経て現在に至る。