プロ教師 小松のブログ

「ケアレスミス連発期」

2017.12.28
みなさんこんにちは、小松です。受験生のみなさんはもう追い込みの時期ですね。不安やプレッシャーなどを感じながらも、日々ひたむきに頑張っているのではないかと思います。今回は私が高校3年生のセンター試験を目前に控えていた時期に起きていた印象深いエピソードをご紹介したいと思います。もしかしたら受験生のみなさんをさらに不安にさせてしまうような話かもしれませんが、興味のある方はぜひ読んでみてください。
 
私が高3のとき、なぜか毎日のように残念なケアレスミス(問題文の言葉や数字の読み違いが中心)を繰り返していた時期がありました・・・当時大学受験を控えていたため、ほぼ毎日学校で受験対策問題の演習を行っていたのですが、まるで意図的にやっているかのようにケアレスミスをしてしまうのです。
例えば・・・
 
・数学の確率・場合の数の問題で、「赤玉」を「白玉」と読み違える
・センター演習で、マークする箇所を間違える
・正解できたはずなのに、解答する際に記号を間違えて記入する
・国語の古文・漢文や英語の問題で、注釈を見逃す
・もう1ページ分問題が残っていたのに、そこに気づかず試験時間が終わってしまう
 (その問題以外は全問正解でした(泣))
 
・・・思い出すだけでもぞっとするような(笑)ミスをなぜか毎日していました。失敗をするたびに、「ちゃんと注意深く問題文を読んでいるのに、なんで間違うんだろう?」「こんな状態で、自分は受験大丈夫なのかな?」と本気で不安になっていました。
おそらく、毎日膨大な量の情報(勉強はもちろん、受験関連のことなど)を吸収しようとしていたため、“もうパンクしそう!”というサインだったのかなと今では思います。
 
しかし、このミス連発の状態は自然と入試までには治ってしまいました。頭をフル回転する状態に慣れたことも一因とは思いますが、友達に冗談交じりに自分の状況を話して笑い飛ばしてもらったことも、落ち着いて取り組む姿勢につながったのかもしれません。
みなさんも、焦ったり自信をなくしたりした時には、お友達や信頼できる人に話してみてはいかがでしょうか。本番で実力を出しきれるように、気持ちも整えていきましょう。