プロ教師 鐘ヶ江のブログ

「不安との向き合い方」

2018.01.24
こんにちは!まだまだ寒さが続く季節です。忘れた頃にやってくる病気や怪我に注意をして、今年度の終わりまで走り抜けましょう!
 
さて、今回のテーマは「不安」についてです。
皆さんはどのように不安と向き合っていますか?受験を目前にしている人は勿論、悩みがある・新しいことに挑戦をしたい、という人にオススメな方法を2つご紹介します。
 
・不安なことを誰かに話す
誰かに話すことには、二つの効果が期待できます。
 
ⅰ. 他の人の意見を取り入れることができる
「自分にとっては大きな問題だと思っていたけれど、他の人に相談したら簡単に解決することができた。」という話をたくさん聞きます。私が担当している生徒さんでも、授業前は辛そうな顔をしていたのに、90分授業を受けた後は「何とかなりそう!」と言って笑顔で帰っていくことがたくさんあります。自分以外の人のアイデアを聞くことが、新たな発見や解決に繋がっている、という印象です。
 
ⅱ. 話すこと自体が負担を減らすことに繋がる
自分の中だけに不安を閉じ込めていると、その不安は増大すると言われています。劇的な解決に繋がらなくても、話すことですっきりし心理的なストレスを減らすことができれば、良い方向へ進めるはずです。
 
・自分でコントロールできないものは割りきる
物事には自分の力でコントロールできる事柄と、コントロールできない事柄があります。例えば、「見たことが無い問題が試験で出たらどうしよう!」という不安があったとしましょう。当日どんな問題が出るのか、確実な予想は誰にもできません。つまり、どれだけ心配し、考え続けても解決しない事柄なのです。
大切なことは、その瞬間、いかに自分にできることを頑張れるかです。自分次第で解決できることならば十分準備をするけれども、考えてもどうにもならない事ならば、気にしない。気持ちを切り替えて、必要なことに集中する方が賢明ですよね。
 
家族や友達、あまりにも近い人にはかえって相談しにくいこともあると思います。そんな時は、アップルの教師やスタッフに話してくれたらとても嬉しいです。
一緒にその不安に向き合い、アイデアを出し合いながら乗り越えていきましょう・・・!