プロ教師 鐘ヶ江のブログ

「勉強って何をすればいいの?」

2017.11.25

最近めっきり寒くなってきましたね。風邪は勿論ですが、インフルエンザにもそろそろ気を付けたい季節です。予防接種は効果が出るまで2週間程度かかるらしいので、早めに予約をしておきたいですね。

 

さて、皆さんは「勉強しなさい」と言われて「何をすればいいんだ・・・!」と思ったことはありませんか?「勉強」という言葉は実は抽象的で、内容がつかみにくい言葉です。そこで今回は、私がこれまで担当してきた中で特に成績が上がった生徒さんが実際に行っていた勉強方法をご紹介します。【予習】【復習】【習得】の3段階に分けて考えていきましょう。

 

【予習】

*目的:次に習う内容を先に知ることで学校の授業への理解度を高める。

*やり方:教科書の本文を読み、英単語や漢字の意味調べをするなど、一人でもできる事に取り組みます。予習ノートがあることで、授業当日に書くことよりも聞くことに集中する余裕が出てきます。

*コツ:教科書を読んでみてもわからなかったもの、苦戦しそうだと思ったページにはマークや付箋をつけておきましょう。授業でどこに注目すべきかがわかるので、吸収力が段違いにアップするはずです。

 

【復習】

*目的:習った内容の理解度を確認する。

*やり方:その日習ったページの学校のワークに取り組みます。理解が怪しいものは教科書に戻って再度読んだり、覚える必要があるものはノートにまとめるなど、理解を深めることを意識しましょう。何日も溜めて忘れてしまう前に、すぐ確認することが大切です。

*コツ:部活が忙しい人は、疲れている夜ではなく朝早く起きて時間をつくるなど、自分の生活リズムに合わせてうまく勉強時間を確保していきましょう。

 

【習得】

*目的:「分かる」を「できる」に変える。テストで発揮するための実力をつける。

*やり方:復習の段階で間違った問題を丁寧に解決していきます。解答・解説を活用したり、アップルの先生にどんどん質問しましょう。その上でワークや問題集を何度も解いて精度を上げておきたいですね。

*コツ:テスト本番をイメージして時間制限を設定するなど緊張状態を普段から意識してつくっておくと、平常心でテストに臨めますよ。

 

3つの段階それぞれに、適する勉強の仕方があるわけです。あなたは【予習】ができていますか?【習得】のための取り組みまでやっていますか?実際に行動に移すことができた生徒さんは、苦手科目でも15点以上のアップを実現しています!一人で計画を立てるのが苦手な人は気軽にアップルの先生に相談して、一つひとつできることから始めていきましょう!