プロ教師 久光のブログ

模試の本当に大切なところとは…?

2016.08.06
みなさん、こんにちは。
夏休みもあっという間に中盤に入って来た頃かと思いますが、いかがお過ごしでしょうか。
旅行に、部活に、遊びに、趣味に…普段時間が無く、やりたくてもできないことに時間が使えたら良いですね!
私は、この夏ももちろんkoboスタジアムで野球観戦をしてリフレッシュをしているところです。
 
さて、リフレッシュばかりではなく、やるべきことが盛りだくさんの現実に直面する夏休みでもあります。
受験生の皆さんに限らず他の学年の皆さんも、この夏休み中に模試を受けた人は多くいるのではないでしょうか。皆さんが一番気になることは、もちろん各教科何点取ることができたかという、『結果』ですよね。
 
しかし、模試を受ける上で大切なことは、『自分が現時点で何が分かっていて、何が分かっていないのかを理解すること』であると私は思います。
模試は返却される際に、細かく分野ごとにデータ化して結果を出してくれます。そのデータを元に、今後自分はどこに重点を置いて勉強すれば良いのか、勉強の方針を立ててみましょう。ただやみくもに勉強するより、自分の弱点を知ってから勉強する方がはるかに効率も良くなると思います。
そして、全体的に理解できていなかった人も、理解できていた人も、解説はしっかり読んでおきましょう!ただ読むだけではなく、模試解き直し専用のノートを作り、解説に書いているプチ情報をメモとして残しておくことをお勧めします。(国語と英語に関しては、文章題中心になるかと思うので、模試に直接書き込んでも良いかと思います。)このような復習を行うと、のちにまた改めて見直しをする際に便利になるかと思います。
 
模試は一回受験するだけで、十分な復習材料を得ることができるので、受験生はもちろん、他の学年の皆さんも積極的に受験してみてほしいと思います。早めに受験しておくと、受験生になった時に抵抗感なく、毎回模試に臨むことができるはずです。
 
それでは、皆さん折々良い夏休みをお過ごしください!
自宅で暑くて勉強に集中出来ない時は、いつでも涼しさ満点のアップルに自習へお越しください☆