プロ教師 久光のブログ

嫌なことにも向き合う勇気

2016.09.09
皆さん、こんにちは。9月に入り、あと4ヶ月も経てば今年も終わるのか…と時の流れの早さをしみじみと感じている今日この頃です。私の大好きな楽天イーグルスも今月でほとんどシーズンを終えてしまうので、これからの新たな楽しみを模索しているところです。何かオススメの趣味などありましたら、ぜひ教えて下さい☆
 
そんな秋深まる頃、中学生の皆さんの多くは今年度2回目の大きな勉強イベントである、期末テストを終えたところではないでしょうか。夏休みが終わり、通常の学校スケジュールに慣れる間もなくテストがあったと思うので、中学生の皆さんはとても忙しく大変な思いをされたことでしょう。まずは頑張った自分を褒めて、自分にご褒美をあげてください!
 
そして、その次にしなければならないことは…もうお分かりですよね?
そう、テストで間違えたところの見直しです。テストは、学校で習った単元の中で大事なところを先生がピックアップして作成しているので、そのまま放っておくのはもったいないですよね。前回のブログの記事でも、模試の見直しをする大切さについてお話ししましたが、やはり学校のテストでも同じです。どんなテストも、間違えた問題は必ず復習して次に繋げることが一番大事です。
 
先日、授業を担当している中学生の男の子とお話をしていて、いいなあと思ったことがありました。その男の子は、前回の中間テストについて振り返り、なぜ間違えたのか、どうしたら次はそのような間違いをしないか、しっかり自己分析をした上で次のテストの目標を私に話してくれました。
問題を間違えた原因を一番分かっているのは、親でもなく、アップルの先生でもなく、自分だと思います。自分の間違いに目を向けるのは勇気が要ります。しかし、嫌なことにしっかり向き合って、次に繋げようとする意識が強い人こそ、じわじわ点数をうなぎ上りに上げることができるのだろうと思います。
 
それでも一人で間違いに目を向けるのが難しいという人は、安心して下さい。アップルの先生と一緒であれば、嫌な気持ちも半減するはずです!担当の先生は、皆さんの嬉しい気持ちも悔しい気持ちも全て共有してくれます。
それでは皆さん、自分にご褒美をあげてパワーを充電できたら、また元気にアップルに来てください☆
お待ちしております。