プロ教師 北原のブログ

夏のおすすめ勉強法

2018.07.17

間もなく夏休みですね!学習計画は立てていますか?特に受験生は、この夏が勝負です。今のうちにこれまでの総復習を終わらせておくと、休み明けからは予習や入試に向けた演習に集中できるので、ぐっと楽になりますよ。1ヵ月でどの教科をどこまで持っていく必要があるのか、担当の先生と相談してみましょう。

受験生以外のみなさんも、夏休みは宿題がたくさん出るという学校が多いですよね。休み中や休み明けに模試・実力テストも待っています。「宿題をする」だけでなく、「内容をきちんと定着させる」ことを意識して、計画を立てていきましょうね。

 

さて、前回の記事で、スモールステップの作り方についてご紹介しましたが、今回は計画の立て方についても紹介していきたいと思います。

私は生徒さんからよく「計画を立てるのが苦手」「計画を立てても、その通りに進まない」という相談を受けます。その気持ち、すごくわかります!・・・というのも、私自身、現役時代は学習計画を立てるのがとても苦手だったのです。そんな私でも、計画の立て方を変えたらうまくいったことがあったので、ご紹介いたします。

 

①ゴールを決める

計画を立てるためには、まずゴールの設定が必要です。このゴールは、できるだけ具体的な方が良いです。「休み明けの模試で偏差値を○○にする!」「夏休みの宿題を、休みが終わる3日前に終わらせる!」など、数字が入っていた方がより計画を立てやすいかと思います。

 

②階段を作る

前回の記事でもお話しした、スモールステップを作ります。はじめは大まかに分け、どんどん細かくしていきます。

(例)各教科の中1・2年内容を完璧にする!→(そのためには?)→夏休み用にテキストを一冊買って、その一冊を完璧にする→(そのためには?)→同じテキストを3周する→(そのためには?)→1週間で1周する→・・・・

 

③階段を、どの日に何段ずつ進めるか決める

夏休みのうち、部活や家の用事などで、「あまり学習時間が取れない日」というのが必ずあるかと思います。その日はワークを3ページだけ、など無理のない量を設定します。その分は、時間がしっかりとれる日に挽回していけるようにします。

「予備日」を1週間に1日くらいとっておくのもお勧めです。急な体調不良などで計画通りに進まなかったとき、どんどん溜まっていくと焦ってしまいますよね。「もしも」のために、予備の日を空けておくのです。その日まで、もし残っているものがなかったら大成功!その日までの内容を再度「できるかな」と確認するための日にしましょう。

 

④週に1回、振り返りをする。

これが一番大事かもしれません。休み前に立てた計画をきちんと進められているかどうか、確認するのです。

「できた」という場合は、「頑張った!」と自分をほめてあげましょう。できれば、「どうして頑張れたのかな」という理由までわかると、その後もどうしたら自分のやる気がアップするのかを自分で分析できます。

もし、「できなかった」という場合は、「どうしてできなかったのか」を考えます。決して自分を責めるのではなく、できなかった理由を冷静に考えます。ついつい休んでしまったのか、他のことで忙しかったのか、そもそも計画に無理があったのか。その振り返りをもとに、翌日からの計画をもう一度考え直していくのです。これを繰り返すことによって、自分にとって一番効率の良い勉強方法がだんだんと見えてきます。

 

もうお気づきの方もいるかと思いますが、この方法は「PDCAサイクル」を使った考え方になっています。「Plan」計画を立てる、「Do」実行する、「Check」評価する、「Act」改善する、ということを繰り返していく方法です。こうすることで、日々より良い学習方法に改善し続けていくことができます。

 

計画の立て方、実行の仕方に悩んでいる皆さんは、この方法を試してみる価値があると思います。細かい内容(自分に必要な学習の量や方法)については、担当の先生とも相談してみてくださいね。

自分に合った学習プランをしっかりと実行しながら、夏休みを有意義なものにしていきましょう!