プロ教師 北原のブログ

スモールステップの作り方

2018.06.08

6月になりました。中学生・高校生のみなさんは、まもなく前期中間テストですね。準備は大丈夫ですか?毎年この時期に「中総体までは部活が忙しいから、それが終わってから集中して勉強します!」という生徒さんがたくさんいます。ですが実は、中総体が終わると、もう1週間でテストなんです。部活も頑張りながら、毎日少しずつ進めていた人と、テスト1週間前からスタートした人の結果の差は・・・予想がつきますよね。そうならないために、今から少しずつでもいいので、準備を進めていきましょうね。

 

さて、テスト勉強をするにあたって、まず計画を立てますよね。みなさんは「スモールステップ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。大きな山を、一気によじ登ろうとすると大変だけれど、小さい階段を作れば、少しずつ上がって最後までたどり着けるよね、という考え方です。(詳しくは、個別教室のアップル代表・畠山明の「やる気のモト。」をご一読くださいね☆)

今日はこの小さい階段の作り方について、私が取り入れている方法をご紹介したいと思います。例として、アップル公式キャラクターのナシ男くん(3)に登場してもらいます!ナシ男くん、どうぞよろしく。

 

ナシ男「みなさんこんにちは!ナシ男です。初登場で緊張しております。よろしくー!」

 

1】小さい階段を作るには、まず目標となる山の頂上を知らなくてはいけません。中学生の例で言うと、「志望校」というものになります。自分が入りたい高校に合格するためには、定期テストや模試で何点くらい必要があるのか、知っていますか?「なんとなくは知っているけど、ちょっと自信がないな・・・」という方は、ぜひ具体的な数字を知ってください。アップルの教室にその資料がありますので、スタッフや先生にお声掛けくださいね。

 

ナシ男「ぼくの志望校は、県立林檎高校。アップルの先生に資料を見せてもらったら、定期テストで400点必要と言われた!むずかしいなー!」

 

2】次に、その点数に届くためには、あと何点必要なのかを計算します。

 

ナシ男「林檎高校に入るためには、400点必要。でも、前回の学年末テストでは320点だった。必要な点数は、400点-320点=あと80点だ!ちょっと無理なんじゃないかなあ・・・」

 

3】それから、その点数を上げるためには、テストごとに何点ずつアップする必要があるかを計算します。中学3年生だと、この先①前期中間テスト②前期期末テスト③後期中間テスト④入試本番!となるので、この4回で考えます。

 

ナシ男「80点÷4回=20点ずつアップすればいいんだな!うーん、やっぱり難しそう。」

 

4】そして、その点数を教科ごとに分けてみます。中学生なら5教科、高校生は大学入試に必要な教科の数で分けて考えます。

 

ナシ男「20点÷5教科=1教科あたり4点アップでいいのか!それならなんとかなりそうだな!」

 

これで、スモールステップのできあがりです。最初の「80点もあげなくちゃいけないのか」という不安から、「4点なら意外とできるかも」という気持ちになってきますよね。

あとは、その点数を上げるために、どんな勉強が必要なのか、先生と相談してみる必要があります。ナシ男くんの場合だと、一問一答の練習や、英単語の暗記が必要なようでした。ケアレスミスが多い人はその対策が必要ですし、難易度の高い問題を数多くこなす必要がある人もいますよね。あなたの場合はどうでしょうか。

 

このように、小さな階段を作り、それを11段上がっていくことで、最終的な目標を達成していこう、という考え方がスモールステップです。

ぜひ、ナシ男くんのセリフの部分を、あなた自身の数字に置き換えて、階段を作ってみてくださいね!