プロ教師 北原のブログ

「おめでとう!」をたくさんもらおう

2017.12.06
私の担当している生徒さんで、今年度1人目の合格者が出ました!本当におめでとう!!
入試ではなく英語検定なのですが、「どうしても取りたい!」と自分で目標を決めて挑んだ試験でした。学校で習っていない範囲がほとんどの難しい試験でしたが、受験を決めてから集中的に取り組み、アップルに来たときだけでなく、おうちでも本当に努力していた生徒さんです。結果がついてきて心から嬉しく思います。そして、この生徒さんとの学びの中で私自身も勉強になったことがあったので、今回は「検定試験」についてお話ししたいと思います。
 
「検定」と聞くと、英語検定や数学検定、漢字検定などが思い浮かぶ方が多いかと思います。ほかにも、歴史検定やことわざ検定、イルミネーション検定やドローン検定まで、本当にさまざまな検定があります。それぞれの分野において自分のレベルに応じて資格を取ることができ、入学や就職に有利、ということはよくご存知かと思います。
 
このような検定試験は「合格するため」に受けるものだと私は考えています。入学試験や就職試験では合格する人数が決まっているので、どうしても「他の人よりもいい結果」が求められることが多くなります。ですが検定試験は合格点が決まっており、そこを達成した人は「全員が合格」なのです。つまり、他人との勝負ではなく自分自身との勝負になります。
 
さらに嬉しいのは、検定試験はそれぞれテストの形式が決まっているので、「検定のための対策」ができる点です。入学試験の対策でも、入試や模試の過去問を使って対策をしますよね。それと同じで検定試験も過去問や予想問題集があり、それを使うことで効率よく学習することができるのです。実際に私が担当している生徒さんも、学校の教科書は一切使わず「英検の対策」だけを集中的に行うことで合格につなげることができていました。
 
高校入試や大学入試では、多くの人は「合格」するのは1回です。それに、中学3年生や高校3年生以上でないと受けることができません。ですが検定の場合、何歳からでも受験ができ数ヶ月に1回ずつ試験があるので、何度も挑戦できます。一度「合格」したその後もさらに上の級を受けたり、他の種類の検定に挑戦したりして、何回でも「合格」することができます。合格するのって、嬉しいんですよね。「合格した!」という自信や「おめでとう!」という周りからの言葉は、自分への自信にもつながります。その自信が、さらに次へのやる気につながるのです。
 
入試が不安だな、このまま勉強していて大丈夫かな、と不安に思う皆さんこそ特に、検定試験をおすすめします。何度も合格して、たくさんの「おめでとう!」をもらって、自分に自信をつけてみてはいかがでしょうか。もちろん、アップルでは検定試験の対策もできますのでお気軽にご相談くださいね。