プロ教師 北原のブログ

切り替えにちょうどいい時期

2016.11.01
皆さんこんにちは。いよいよ冬の空になってきましたね。受験生のみなさんの表情が、ぐっと引き締まってきました。自習に来る生徒さんも増えてきて、教室の雰囲気も「本気モード」に突入しております。
 
泉中央教室では、中学3年生向けに「計算の達人」というイベントを行っております。入試に必要不可欠な計算問題に、長期的に取り組んでいこうというものです。
このイベントでは、ほかの生徒さんがどのくらい進んでいるのかが目に見えるようになっています。そのため、「よし、トップだ!」「うわー、追い越された!」と競争心をもって取り組んでくれているようです。お互いにいい刺激を受けながら、それぞれの目標に向かって頑張っている姿に、私も頑張らなくちゃ、と気が引き締まります。
 
ふと、自分が受験生だった頃のことを思い返してみました。実は私、高校入試も大学入試も、直前まで「受験勉強」というものをほとんどしておりませんでした。当時の私に代わって言い訳をすると、「時間がなかった」のです。吹奏楽部に所属していた私は、他の部活よりも遅い引退だったこともあり、なかなか頭が受験モードに切り替わりませんでした。
 
私がようやく本気で勉強を始めたのは、ちょうど今くらいの時期でした。部活が終わって、気持ちも切り替わったのが秋だったのです。
そこからは、まず自分がどのくらいできていて何をしたらよいのか考えることからスタートです。どんなテキストを使って、どうやって勉強したらよいか、学校の先生に聞きに行ったりもしました。高校のときは自習室のような場所があったので、毎日授業の後に友達と一緒に遅くまで勉強していました。自宅のトイレや洗面所の壁は暗記の表だらけになりました。
その結果、先生から「五分五分」と言われ続けていた私が、無事に第一志望の学校に合格することができたのです。あれだけの期間でよく受かったなあ、と自分でもびっくりします。
 
今まさに受験生のみなさんの中にも、なかなか気持ちが切り替わらなくて「どうしよう」と思っている人がいるかもしれません。気持ちばかり焦って、何から手をつけたらいいか分からないし、いまいちやる気が出てこないという人もいるのではないでしょうか。
大丈夫!今ならまだ間に合います。急に寒くなってきた今こそ、気持ちや行動を切り替えるにはちょうどいい時期かもしれません。「どうしたらよいか分からない」=「なんとかしなければいけない」ということに気づくことができているのです。それは素晴らしいことです。だから、大丈夫。
 
「やる気が出ない」「何をしたらよいか分からない」という人は、まずアップルの先生にそのことを正直に話してみてください。マンツーマンですから、あなたのことをよく分かってくれています。あなたにとってベストな方法を一緒に考えてくれるはずです。
志望校をどうしたらよいか、あなたにはどんな勉強法が合っているのか、どうしたら気持ちが切り替わるのか、ぜひ聞いてみてください。まだアップルに通っていないという方は、ぜひ一度ご相談に来てみてはいかがでしょうか。
 
まだまだ冬の入り口で、これからどんどん寒さが増してきます。風邪を引かないように、栄養のあるものをたくさん食べて、温かくして、この冬を一緒に乗り切りましょう!