プロ教師 野里のブログ

新学年の準備

2016.03.22

受験も一段落し、教室内も新年度に備えて勉強をする生徒さんの姿が目立つようになってきました。

「受験もおわったばかりなのに、高校から宿題がたくさん出されて…」
といった声もちらほら聞こえてきますが、とくに新中1や新高1になる生徒さんには、新年度の予習を積極的に進めていってほしいところです。

学年が上がり、学校や環境も変わる生徒さんにはいろいろな不安があると思います。
「友達は出来るかな」「どの部活に入ろうかな」「勉強にはついていけるかな」…などなど。
そんな中で、私たちが一番取り除くことができる不安は、やはり勉強に関することです。少しでも予習を進めて、『これだけ予習したんだから勉強は大丈夫!』と、自信をもって新学期の授業に臨めるようにしてあげたいと思っています。

以前、こんな生徒さんがいました。
中学校のときは全く勉強せず、学校の宿題も毎回出さないような状況だった男の子。高校に入ったとたん急に勉強を頑張り出し、宿題もしっかり提出し、テストでも好成績をとってくるようになりました。

どうしてだろうと思って聞いてみると、因数分解のたすき掛けや、物理の運動方程式など先取りして行っていた内容が周りの子よりも解けるようになり、新しい知識を取り入れることが楽しくなってきたと言っていました。
毎回新しく覚えたことを「こんなことを習ったよ!」と教えてくれ、授業もいつも意欲的な姿勢で取り組んでくれました。
その子は推薦で大学に進むことになり、今では大学生として自分のやりたいことを学んでいるようです。

新学年の準備をし、4月から良いスタートをきれるように春休みを過ごしましょう!