プロ教師 野里のブログ

合格発表に思う

2015.03.17

先日、公立高校入試の後期選抜が行われました。
その合否結果に一喜一憂された方もたくさんいらっしゃるかと思います。

仙台の高校受験はすごく大変だなと毎年思うのですが、その反面、選択肢が多くてうらやましいなとも思います。以前も少し書きましたが、私の地元では、進学するならA高校、そうでないならB高校、後は工業高校や農業高校などの専門色の強い高校…というくらいしか選択肢がありませんでした。

当時の私は、仙台の中学生たちよりも、自分自身の将来ときちんと向き合えていなかったのではないかな…と思います。自分のやりたいこと、自分に合っている高校をしっかり考えて、受験校を選んでいる生徒さんたちの姿を見ていると、それだけで、たくさん褒めてあげたいような気持ちになります。

今はまだ、合格の喜びにふけっている方、悔しい思いの真っただ中にいる方、様々だと思います。ですが、今回の受験で人生のすべてが決まってしまうわけではありません。

芥川龍之介の「奉教人の死」の冒頭にこんなセリフがあります。
「たとい三百歳の齢を保ち、楽しみ身に余るというとも、未来永々の果しなき楽しみに比ぶれば、夢幻の如し。」

今は目の前のことしか見えなくても、もっと大きなスケールで考えると、一つひとつの出来事や不安は、本当に些細なことなのかもしれません。視点をかえれば、ものの見方も変わってくるはずです。

受験勉強で頑張った自分を思い出して、胸を張って高校へ入学してほしいなあと思います。
そんな気持ちで高校生活をスタート出来たら、きっと楽しい3年間になりますね…!!