塾と家庭教師の違い

塾に通うか?家庭教師を頼もうか?お子様も保護者様も迷うところかもしれません。
それぞれの特徴や強み・弱みを把握した上でお子様にあった学習法を選択いただくのが、効果的な学習計画を立てる上で鍵となります。

塾と家庭教師を比べてみよう

勉強はおもしろいと感じることができなければ、やる気がおきません。まずは少しずつでも理解させ、問題を解く楽しみを与えることで勉強に興味を抱いてもらうことが大切です。勉強をおもしろいと感じてもらうことで自主的に学習に取り組む習慣ができ、継続的な効果が期待できるでしょう。
そのためには、生徒の性格を理解し、一人一人に合わせた教え方をすることが必要です。教師との1対1指導である家庭教師なら、それが実現できます。

塾のメリット、デメリット

学校とは違う仲間ができるということが塾の大きなメリット。他校の同学年が集まり授業を受けるので切磋琢磨し、モチベーションも上がります。

逆にデメリットとしては、一斉授業のため生徒一人一人の理解度を講師が把握しづらい、ということが挙げられます。生徒にとっても、集団で授業を受けるため質問しづらく、疑問点を完全に解決できない場合があるでしょう。結果、その生徒にとっては「一方通行の授業」となってしまう可能性もあります。
また、「仲間ができる」というメリットがある反面、友達同士で遊んでしまい、逆に勉強がおろそかになってしまう場合もあります。

塾のメリット
・カリキュラムに沿った効率よい授業
・競争意識の芽生え
塾のデメリット
・理解できない場合、授業についていけない
・団のため質問しづらい

家庭教師のメリット、デメリット

最大のメリットは、分からないところを理解するまでじっくりと教えてもらえるということです。1対1での指導は、学校や塾よりも集中して取り組むことができますし、一人一人に合わせた指導を受けられますので苦手教科克服に効果があります。
また、時間に融通がききますので、部活動などが忙しい子供でも計画的な学習が可能。家族と教師も密にコミュニケーションをとることができますので、学習進度や子供の抱えている問題点を常に知ることができます。

逆にデメリットとしては、他人と比較できないので実力を計りづらいことが挙げられます。また、競争意識が低くなるため甘えが出るかもしれません。
そのため、大きな模試を受けるなどの対策が必要です。

家庭教師のメリット
・自分のペースでできる
・1対1のため質問しやすい
家庭教師のデメリット
・他人と比較されないので、競争意識が芽生えにくい
・甘えが出る