家庭教師の役割

家庭教師に求められることはもちろん「お子様の学力向上」です。
そして成績が上がるということは、学習というものについての向き合い方を正したり、やる気を持続させたりという取り組みを効果的に行っている、ということでもあります。
そういった勉強に対する姿勢をつくるということも、家庭教師の重要なポイントです。

学ぶ楽しさを与える

勉強はおもしろいと感じることができなければ、やる気がおきません。まずは少しずつでも理解させ、問題を解く楽しみを与えることで勉強に興味を抱いてもらうことが大切です。勉強をおもしろいと感じてもらうことで自主的に学習に取り組む習慣ができ、継続的な効果が期待できるでしょう。
そのためには、生徒の性格を理解し、一人一人に合わせた教え方をすることが必要です。教師との1対1指導である家庭教師なら、それが実現できます。

適切な道を示し、そのカリキュラムを実行

生徒がつまずいている場所を把握し、その問題に対して明確な解決の道筋をつくること。それが学習理解の近道です。なぜ苦手なのかという根本的な原因を見付け、目的に最も近い筋道を立てた指導を行っていくことで、生徒の負担を減らしながらも苦手を克服することができます。
家庭教師は、一律的な学習ではなく一人一人にあった勉強法まで分析することができますので、生徒に合わせたスケジュールを立てることが可能です。回り道ばかりの無駄な学習法、ムラのある学習範囲、無理のあるスケジュールといった問題を未然に防ぎます。

精神面でのサポート、マネジメント

受験勉強はどんなお子様でも不安に思っているはずです。また、平常心が乱れると実力が発揮できなくなり、その状態が長く続くと学習に対する自信を失ってしまう原因にもなります。
家庭教師は生徒の声を身近に聞くことができますので、良きマネージャーとして生徒をサポートします。生徒の心の状態や性格を把握し、時には心のよりどころや相談相手として精神面からバックアップすることも、家庭教師の大事な役割です。