受験を前にした親の心構え

受験について親が動揺してしまうと、お子様に動揺が伝わってしまうものです。
ここでは、知識や情報ではなく受験に対してどのような心構えを持っておけばよいのかを紹介します。

絶対に合格するとはいえない

受験は定員がある以上、合格者と不合格者は必ず両方存在します。十分な学力を持っていたとしても不合格になる可能性はゼロではありません。
少なくとも「絶対ではない」という覚悟は持っていて欲しいと思います。同時に、「勉強は受験のためだけ」にするのではないということを、保護者の方も考えておいて欲しいと思います。

複数の学校を受験する場合

試験は、その時その時で集中しなければなりません。油断・落胆したがために、100%の力を発揮できないということも多々あります。
いわゆる滑り止め校だとしても受験の際には油断しないように。もしも、第一志望の学校が不合格だった場合にも、気持ちを切り替えてください。特に、第一志望校に不合格だった後の第二、第三志望校が危険です。精神的ショックが大きいと、受験で実力を発揮できない可能性が高くなります。合格後に入学するかしないかはともかく、平常心で臨めるようにしてあげたいものです。大切なのは、定期テストや模擬試験以上に、親が一喜一憂しない心構えです。

合格した後も

志望校に合格することだけが目的になりがちですが、学習の目的はそれだけではありません。受験は志望校に入学するためにあるものですが、さらにいえば、その学校での教育を受けるために行くのです。入学後の授業をしっかりと受けなければ意味がありませんし、高校や大学卒業後も人生は続いていきます。受験で成功したことだけに満足してしまう、いわゆる“燃え尽き症候群”にならないような接し方が大事です。
ただ、受験による緊張からの解放感は相当なものです。親子ともども一安心という気持ちになるでしょう。精一杯喜び、努力を称えてあげてください。

不合格になった時

受験に失敗したからといって、人生が終わったわけではありません。人生をトータルで見ると、巻き返すチャンスはいくらでもあるのです。
本人が誰よりも辛く残念な気持ちでしょうから、親の方が落ち込んでいる場合ではありません。次の受験校・チャンスに向けて、精神面でのサポートをしてあげてください。アドバイスや慰めも大事ですし、時には反省を促す必要もあるでしょう。ただし、落ちたことや不合格になったことだけを責めるのは論外です。