お子様の学習に対する、保護者様の思い

お子様の学習に対してどの様に接していますか?保護者様の思いをお子様が理解してくれず「親の心子知らず」といったこともあるでしょう。場合によってはお子様よりも保護者様の方が悩んでしまうこともあるかもしれません。
一例ではありますが、このように考え、行動するだけで心が軽くなることもあります。ご参考ください。

志望校に合格させてやりたい

このようにお思いの保護者の方々はたくさんいらっしゃると思います。また、志望校への挑戦・合格に向けた努力を通じて成長する面もかなりあります。「努力するのであれば報われて欲しい」、親としては当然の考えだと思います。
効率のよい自己学習だけで目的を叶えた方もいらっしゃいますが、多くのお子様、保護者様ともに「学習方法がわからない」という点で悩まれているようです。
そのような場合は、身近な人に相談するよりも受験勉強のプロに話を聞いてみると可能性が広がるかもしれません。家庭教師、学校の先生や塾講師などは受験に関する多くのノウハウを持っています。プロの声を聞いた上でお子様に合った学習法を探してみてはいかがでしょうか。

学力の成長には個人差がある

新しく学習指導サポートを受けた場合、少しでも早く学力向上・成績アップの成果を見たいかと思います。また、急ぐからこそ、家庭教師や塾をお探しという方もいらっしゃるかもしれません。確かに、家庭教師や塾に対する評価は、学力や成績の上昇度で判断されることもあります。
しかし、学力の向上には個人差があります。また、付け焼き刃の学力ではなく、本当の実力が身につくこと、学習の習慣づけなどを目指すほうが学習効率がよいケースもあります。

まずは学校の定期テストの点数を上げて欲しい

学校の成績は気になるものですね。また、定期テストは学習の基礎となるものですので、しっかりと身に着けておいて欲しいものです。
定期テストは基本的には授業で習った箇所から出題されます。そのため、定期テストの成績が悪いということは「学習習慣が身についているか」を見直す必要があるかもしれません。効率的な予習・復習ができれば、定期テストの点数はおのずと上がります。
学習習慣はお子様のやる気ももちろんですが、周りの環境も大切です。まずは、決まった時間に家庭教師と一緒に勉強して学習に慣れさせることや、お友だちと学習塾に通うことで「普段の生活の中に自然と学習が組み込まれる」レベルになれば一安心。個人差はありますが、毎日の積み重ねは受験時などで何よりも強い武器となるでしょう。