2015年03月06日

アップルの自慢――ある日のできごと――

アップルの自慢――ある日のできごと――

 
「アップルは、1対1で勉強やお話を聞いてくれて、

なんか特別な感じ!ぜいたくな感じ!」
 

これは、アップルで初めて授業を受けた日、

小学3年生のRくんが、お母さんに話してくれた感想です。

 
学校の勉強に難しさがあり、

しょんぼりしている日が多かったRくん。

 
でも、この日は、初めての授業を終えて外に出ると、

帰り道にスキップをして、お母さんをびっくりさせました。

 
実は、お母さんがRくんのスキップを見るのは、

Rくんが3才のとき以来。

 
「久しぶりに、嬉しそうで楽しそうな彼を見ました。」

という嬉しいご報告に、私たちスタッフもニコニコ、

顔がほころびました。

 
これからも、アップルだけの「特別」で「ぜいたく」な

マンツーマン授業を続けていこう!と、

スタッフ一同、アップルの“おもい”を再確認したできごとです。