模擬試験について

模擬試験とは?

模擬試験とは、入試問題の出題形式や難易度を模した試験です。よく「模試」と略称で呼ばれます。都道府県ごとに行われることが一般的で、宮城県では新宮城新教育研究協会が開催している「新みやぎ模試」が有名です。

模擬試験の意義

なぜ模擬試験を受験するのでしょうか?「周りの子が受けているから」「模擬試験の結果を進路検討の材料にしたいから」など様々な理由があると思いますが、受験生としての主なメリットとしては、以下の3点が挙げられます。

試験会場の雰囲気に慣れる

他校の生徒と試験を受ける雰囲気は、普段の学校でのテストとは違って緊張感に包まれています。この雰囲気に飲み込まれないようにするためにも、本番で実力を発揮しにくい子どもほど多く体験させておくとよいでしょう。また、試験に慣れることで時間配分や問題を解く順番のコツを身につけることができ、力を発揮しやすくなります。

志望校の判断材料として

模擬試験の問題は、受験の傾向や難易度に近い問題が出題されています。そのため、自分の実力や苦手とするポイントなどを客観的に評価することができるでしょう。模擬試験は受験の合否とは関係ありませんので、安心して力試しができるよい機会です。
ただし、模擬試験のデータを過信しすぎないこと。模擬試験以外の様々な情報も総合したうえで、志望校選択の判断をしてください。よくあるのが、模擬試験で出た高校合格基準で志望校を判断してしまうことです。
この合格基準には内申点の点数は加味されていないため「模擬試験の成績はよいが内申点が悪い」受験生の場合は、実際の入試で同程度の点数を取っても合格基準に達しない場合があります。

学習効果が高い

模擬試験を受けた後は必ず復習しましょう。模擬試験は普段の学習よりも集中して全力で取り組んでいるはずです。そのため、その記憶が新しいうちに模擬試験の復習をすることで、記憶しやすくなり学習効果が高くなることが期待できます。