宮城県本吉響高等学校

本吉響高校は昭和21年に開校しました。何度かの学科改編、校名変更を経て平成11年に現在の校名になり、「普通科」「産業技術科」「家政科」の3学科から「総合学科」に一本化されました。

偏差値

総合学科34

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】総合学科

【部活動】
■運動部
陸上、卓球、ソフトテニス、体操愛好会、バスケットボール、剣道、サッカー、バレーボール、野球

■文化部
美術、科学、文芸、写真、吹奏楽、コンピュータ、ホームメーキング、合唱、ハンドインハンド(ボランティア)

【学校行事 ※日付は平成22年度】
芸術鑑賞会 7月
体育祭 7月中旬
桜が丘祭(文化祭) 10月下旬
修学旅行 11月
カルタ大会 12月

【住所】〒988-0341 宮城県本吉郡本吉町津谷桜子2-24
【電話】0226-42-2627

学習内容紹介

【総合学科】
総合学科の原則履修科目として「産業社会と人間」があります。放送大学・専門学校との単位互換も行い、より専門的な知識・技術を習得できます。 また、2年次より自分の適性や進路を考えて以下の系列から授業科目を選択し、自分だけの時間割を作成することになります。

進学教養系列…一般的な普通科目を重点的に学習します。基本的な知識を身につけることで、大学・短大・専門学校等への進学のみならず、公務員への就職など幅広い進路に対応可能です。

産業情報系列…情報・商業・工業の科目を中心に学習します。専門知識・技術を身につけ、関連企業への就職や、関連する分野の大学・専門学校等への進学を目指します。

人間環境系列…理科・農業・家庭科の科目を中心に学習します。自然環境の大切さ、自然環境と人間活動との関わりの強さを学び、将来の生き方を考えます。

生活表現系列…芸術科目を中心に学習します。専門知識や技能を身につけるだけでなく多くの資格取得を目指し、幅広い表現力と人間性を養います。

特徴と校風

広いグランド、大きな体育館、テニスコートなどのスポーツ設備と、情報処理技術、バイオテクノロジーなどの先端技術を学ぶ総合実習棟などの学習設備が充実しています。さらに、学校田の一部を「ふゆみずたんぼ」として環境教育の場として活用。約90haの学校林や学校周辺の広々とした自然環境とあいまって、素晴らしい自然環境とふれあうことができます。

進路状況

4年制大学 9人
短期大学 3人
専修各種学校 43人
就職 59人

主な進路先

■4年制大学
宮城大学、東北学院大学、石巻専修大学、東北生活文化大学、東北工業大学など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…総合学科120人
・通学区域…県内全域
・前期選抜入試割合…定員の30%以内

選抜・評価について

前期選抜入試…調査書、学力検査に加えて、個人面接と作文が実施されます。 面接は個人面接10分程度。
後期選抜入試…面接が行われますが、傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
その他諸経費 27,600円

制服

男女共通:ブレザー(紺)
男子:ズボン(グレーのチェック)、ネクタイ(赤×紺のストライプ)
女子:スカート(紺×エンジのチェック)、リボン(ブルー)

学校への行き方

JR気仙沼線「本吉駅」より徒歩20分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
それぞれ活発に活動しています。
学校の雰囲気はどうですか?
自らの目標に向かって積極的に努力できる雰囲気があります。
進路によって勉強する教科は違いますか?
4系列の中から自分の進路に合わせた授業を選択します。
卒業後の進路はどうですか?
就職・進学どちらにも対応しているカリキュラムが整っており、どちらの希望者も高い確率で目標を達成しています。
学食はありますか?
食堂のほかに、売店や自動販売機も設置しています。
学校見学はできますか?
中学生向けの学校説明会が実施されます。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。