宮城県角田高等学校

現在の角田高校は、平成17年度に角田高校と角田女子高等学校が統合再編されてできた学校です。旧角田高校は明治30年に、また旧角田女子高校は明治40年に創立されており、ともに100年の伝統を誇っていました。両校の積極進取の精神と校風は脈々と継承され、両校卒業生は、国内はもとより国際的にも各界で活躍しています。

偏差値

普通科43

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】普通科

【部活動】
■運動部
バドミントン、陸上競技、野球、ソフトテニス、サッカー、バレーボール、バスケットボール、卓球、水泳、柔道、剣道、空手道、弓道、ソフトボール

■文化部
報道、(物理、化学、生物、地学)、吹奏楽、美術、演劇、英会話、書道、家庭、合唱、華道、茶道、応援団、自然科学

【学校行事 ※日付は平成20年度】
球技大会 7月下旬
角高祭(文化祭) 8月上旬
芸術鑑賞会 9月
修学旅行 12月上旬

【住所】〒981-1505 宮城県角田市字牛館1
【電話】0224-63-3001

学習内容紹介

大学受験への対応を軸に、45分授業を1日7コマ、週35コマの時間割を設定、英語・数学・国語の時間数を増やしました。また、数学と英語では習熟度別授業を実施しており、生徒がそれぞれの学力に適した授業を受け、しっかりと基礎力が身につくよう工夫しています。
1・2学年では国公立クラスと一般クラスに分かれ、基礎学力の定着を図ります。さらに3学年では、文科系・理科系のコース別に分かれ、公立大から私立大まで、一人ひとりの進路希望に応じた多様な選択科目の中から授業を受けることが可能です。

特徴と校風

「規律ある進学校」の合い言葉のもと、恵まれた自然環境の中で、勉強と部活動の両立を目指して邁進しています。また対白石高校との定期戦で見られる、他ではなかなか経験できない団結心と感動の素晴らしさも特徴です。

進路状況

国公立4年制大学 125人
短期大学 14人
専修各種学校 50人
就職 26人
その他(予備校含む) 11人

主な進路先

■4年制大学
東北大学、岩手大学、山形大学、福島大学、東北学院大学、東北福祉大学、尚絅学院大学、宮城学院女子大学、東北工業大学など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…200人
・通学区域…南部地区
・推薦入試割合…定員の30%以内

選抜・評価について

推薦入試…推薦書・調査書に加えて、面接と作文が実施されます。面接は一人15分程度。作文は60分以内、400~500字となっています。
一般入試…面接や傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
※旅行積立金、生徒会費等別途徴収

制服

男女共通:ブレザー(チャコールグレー)
男子:ズボン(グレーにサックスのストライプ)、ネクタイ(ブルー地に濃紺のストライプ)
女子:スカート(グレー地にサックス・イエロー・白のタータンチェック)、リボン(ブルー地に濃紺のストライプ)

主な出身有名人

森兵吾(九州大学名誉教授)、大槻菊男(東京大学名誉教授、虎の門病院初代院長)、三文字正平(弁護士)、保科善四郎(海軍中将、海軍省軍務局長、元衆議院議員)、菅野直(海軍中佐)、大槻義彦(早稲田大学名誉教授)、秋葉賢也(衆議院議員)、伊藤真一(ロードレースライダー)など多数

学校への行き方

JR阿武隈急行線「角田駅」下車、徒歩15分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
全国大会出場経験のあるバスケットボール部や吹奏楽部をはじめ、とても活発です。
進路によって勉強する教科は違いますか?
1年次から進路希望別のクラス編成を行うなど、それぞれの生徒に合わせた指導体制をとっています。
学食はありますか?
食堂のほかに、売店や自動販売機も設置しています。
学校見学はできますか?
中学生3年生および保護者、中学校教員を対象として毎年行っています。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。