宮城県田尻さくら高等学校

宮城県田尻さくら高等学校は2008年に開校した二部制単位制高校です。宮城県田尻高等学校が昼夜間開講型の単位制高校に改変され、その同じ校地に設立しました。田尻高等学校の伝統を受け継ぎ、柔軟な学びのシステムを持つ、新しいタイプの高等学校です。

偏差値

普通科32

学校詳細情報

【公立高校】
【二部制、単位制】男女共学
【設置学科】普通科

【部活動】
■運動部
バスケットボール

■文化部
清掃ボランティア、料理、軽音楽、ハンドメイド、映画、お菓子作り、ダンス

【学校行事 ※日付は平成22年度】
軽登山 5月
茶話会 6月
介護体験学習、球技大会 7月
高校祭 10月

【住所】〒989-4308   宮城県大崎市田尻沼部字中新堀137 
【電話】0229-39-1051

学習内容紹介

【普通科】
二部単位制は、自分のライフスタイルに合わせてI部(午前~午後の授業)Ⅱ部(午後~夕刻までの授業)を選択できます。また、単位制は自分の興味・関心や進路希望に応じて自分で時間割を作成。無学年制を採用しています。

特徴と校風

生徒一人一人の生活スタイルに応じた時間割を自分で組むことができます。少人数学習で基礎から確かな実力を身につけることができ、それぞれの進路目標に向かった多様な科目の選択が可能。将来の進路に向けた、資格取得のチャンスも。

入試情報(平成26年度)

  1. ・募集定員…普通科I部男女 80名

       普通科Ⅱ部男女 40名
・通学区域…全県
・前期選抜入試割合…定員の20%以内

選抜・評価について

前期選抜入試…学力検査と面接が課されます。
後期選抜入試…面接・傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
生徒会費 9,000円
諸経費 40,000円
教材費 履修科目により異なります(教科書、副教材費)

制服

なし(儀式では各自が購入したスーツ、またはブレザーを着用)

学校への行き方

JR東北本線 田尻駅から徒歩7分。

学校生活Q&A

どういった資格を取得するチャンスがありますか?
漢字検定や英語検定をはじめ、ワープロ検定、情報処理検定、簿記検定、秘書検定、訪問介護員、赤十字救急法救急員の資格を受験するチャンスがあります。またこれらの資格以外にも検討中の資格がありますので、増える可能性もあります。
どういった地域交流を行っていますか?

地域交流ギャラリーにて地域の方の文芸作品を展示したり、本校近くにある「すまいる園」の幼児達との交流を行ったりしています。
また、全館バリアフリーで開かれた学校づくりを目指しています。

三修制とはなんですか?
Ⅱ部(夜間から夕刻までの授業)課程でも3年間での卒業を可能とする制度のことです。Ⅰ部とⅡ部の生徒が一緒に学ぶ弊習時間があります。
科目登録はどうやって行うのですか。
科目登録の流れや簡単な科目内容の説明のあと、各自で進路や興味関心に応じた科目選択を行います。その後、最終確認をし、教科書購入表を配布します。
生徒会活動はどう行っていますか?
生徒会は「立ち上げ委員会」を組織し、現在検討中です。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。