宮城県米谷工業高等学校

米谷工業高校は昭和27年に創立され、登米郡はもとより、近隣の本吉郡・桃生郡・栗原郡などからも期待される工業高校としてスタートしました。以来、9000余名の卒業生達が技術者として県内外の産業界で活躍しています。
2010年度に自動車科が募集停止になり、11年度入学生より、機械システム科、電気システム科、情報技術科の3科編成となります。
最大の特徴は高い進路決定率で、特にこの数年は就職率100%を達成しています。

偏差値

機械システム科36
電気システム科38
情報技術科35
(3学科一括募集)

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】機械システム科 電気システム科 情報技術科
【部活動】
■運動部
野球、ソフトテニス、卓球、バレーボール、サッカー、バスケットボール、バドミントン、陸上競技、柔道、剣道、弓道、空手道、アーチェリー、ソフトボール

■文化部
新聞、写真、電気工作、吹奏楽、美術、機械工作、家庭

■同好会
情報技術研究班

【学校行事 ※日付は平成20年度】
スポーツ大会 7月
就業体験 9月
芸術鑑賞会 10月
米工祭(文化祭) 10月
修学旅行 11月上旬

【住所】〒987-0902 宮城県登米市東和町米谷字古舘88
【電話】0220-42-2170

学習内容紹介

3科に分かれ、工業分野に関してそれぞれの専門性を深めます。3学科とも二つの系列に分かれ、2年次より学科・類型を選択します。

【機械システム科】
生産機械系…生産の自動化・省力化、多品種少量生産の技術の進展や産業構造の変化に対応できるよう、コンピュータを中核とした製品設計として、CAD/CAMの利用技術や製品生産のためのNC/MCの操作技術習得をとおし、生産システム全般について学習します。ものづくりに関する専門性が深まるコースです。

制御機械系…各種自動機械やロボット等の制御技術の進展や産業構造・就業構造の変化に対応できるように、生産の自動化・省力化に必要な電子回路・シーケンス制御・コンピュータ制御等の技術の習得を目指し、自動生産システム全般について学習します。

【電気システム科】
電力技術系…現代社会において必要不可欠な電力技術や電子技術に対応できる技術者を養成し、電力供給や利用に関する基礎的・基本的技術を習得するために電力技術・電気機器・電子技術等について学習します。

電子制御系…日常利用されている電子機器に応用されている電子技術や制御技術に対応できる技術者を養成し、テレビ・ラジオで代表される電子系の基本的技術を習得するため、電子回路・制御技術・情報技術等について学習します。

【情報技術科】
情報通信系…情報機器並びにその周辺機器を利用した情報処理システム・ネットワークシステム等のソフトウェア分野について学習します。

 情報電子系…電子技術の基本である半導体・アナログ技術・デジタル技術等のハードウェア分野について学習します。

特徴と校風

北上山地と北上川の恵み豊かな登米市東和町米谷の高台に位置する敷地で、生徒は静かで落ち着いた環境の中、学習や部活動に励んでいます。学習面では各種資格取得に力を入れるとともに、生徒の学習意欲を高め、主体的・創造的な学習態度の育成を促進。さらに、一定の技能審査に合格した場合、その成果を技能審査と関連の深い高等学校の教科・科目の増加単位として認定する制度が特徴的です。

平成25年度進路状況(平成26年度 1月20日時点)

大学・短大・大学校 12人
専門学校 16人
就職 64人

主な進路先

■4年制大学・大学校
東北工業大学、石巻専修大学、東北福祉大学、東北職業能力開発大学校、東北学院大学

入試情報(平成26年度)

募集は、専門的な知識・技術の向上、より高度な資格取得を目指して、単科募集となります。

・募集定員…機械システム科40人・電気システム科40人・情報技術科40人
・通学区域…全学科ともに県内全域
・推薦入試割合…全学科ともに定員の30%以内

選抜・評価について

推薦入試…全学科ともに学力検査・口頭試問を含む7分程度の個人面接を総合的に審査します。
一般入試…全学科ともに面接や傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
生徒会費 18,500円
PTA会費 13,600円
旅行積立金 85,000円

制服

男子:学生服
女子:ブレザー(紺)、スカート(紺)、ネクタイ(エンジ)

学校への行き方

登米市民バス循環線乗車、「米谷高校前」下車、徒歩1分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
各部が活発に活動しています。中でもアーチェリー部の活躍が目立ちます。
学校の雰囲気はどうですか?
緑豊かな自然環境に囲まれ、伸び伸びとした雰囲気があります。
進路によって勉強する教科は違いますか?
違います。工業分野の知識・技術を深め進路に活かすため、学科ごとに異なった専門性を深めます。
卒業後の進路はどうですか?
大部分の生徒が就職を目指します。
学校見学はできますか?
中学生向けの学校説明会や一日体験入学を実施しています。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。