宮城県松山高等学校

宮城県松山高等学校は昭和16年に松山町立松山実科高等女学校として設立されました。平成16年度からは文部科学省の「キャリア教育推進地域」の指定を受け、2年生全員が松山町・鹿島台町内にある企業で3日間の就業体験を行っています。

偏差値

普通科37
家政科39

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】普通科 家政科

【部活動】
■運動部
硬式野球、バドミントン(男女)、バレーボール(女)、バスケットボール(男)、柔道(男女)、女子サッカー

■文化部
調理手芸、音楽、マルチメディア、自然科学

【学校行事 ※日付は平成22年度】
入学式 4月
地区総体 5月
高総体、家政科集会、運動会 6月 
1日体験入学、就業体験実習(2年) 7月
開校記念日 9月
芸術鑑賞、文化祭 10月
球技大会、生徒会役員選挙 11月
修学旅行(2年) 12月
家政科課題研究発表会 1月
家庭科課題研究発表会 2月
卒業式・離任式 3月

【住所】〒987-1304 宮城県大崎市松山千石字松山1-1
【電話】0229-55-2313

学習内容紹介

【普通科】
1,2年次は基礎的・基本的な教科を幅広く学習し、3年次からは自分の進路・興味・関心などから授業を選択することができます。また、数学・英語は自分の震度に合わせた習熟別学習を実施。丁寧な授業を行っています。

【家政科】
県内に3校しかない家政科の1校です。2年時からは興味関心・進路にあわせて調理、被服、保育の3つのコースから選択することが可能です。

特徴と校風

生徒一人ひとりの能力や適正、興味、関心を大切にしたわかりやすい授業を実施。なお、平成16年度からの普通科1クラス減少に伴い、小規模校として特色をだした教育活動を行っています。
また、教職員と生徒が一丸となり生徒会活動、部活動を行っており、活発な学校作りに取り組んでいます。

進路状況

4年制大学 10人
短期大学 11人
専門学校 3人
就職 44人

主な進路先

■進学
東北学院大学、宮城学院女子大学、仙台白百合女子大学、桜美林大学、流通経済大学、東北文化学園大学、聖和学園短期大学、仙台青葉学院短期大学、帝京短期大学、宮城誠真短期大学、東北保健医療専門学校、宮城調理製菓専門学校など

■就職
BBコール、やまや、うまい鮨勘、上野株式会社、扇谷商事、泉国際ゴルフ場、鳴子ホテル、ホテルきよ水、わかさ生活、イエローハット(ホットマン)、マルタケ青果、片倉医院、高木商店、セントケア宮城、陸上自衛隊、海上自衛隊など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…普通科男女 40名
家政科男女 40名
・通学区域…普通科 北部地区
家政科 全県
・前期選抜入試割合…普通科 定員の20%以内(8名以内)
家政科 定員の30%以内(12名以内)

選抜・評価について

前期選抜入試…学力調査、面接で選考します。詳しくは各中学校を通しておたずねください。
後期選抜入試…学力検査に加えて、面接を実施します。
傾斜配点は実施されません

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
※旅行積立金、生徒会費等別途徴収

制服

男女共通:ブレザー(グリーン)
男子:ズボン(グリーンとグレーのタータンチェック)、ネクタイ(グリーン地のストライプ)
女子:スカート(グリーン系のチェック)、リボン(グリーン地のストライプ)

学校への行き方

JR東北本線松山駅下車、徒歩30分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
現在運動部6部、文化部4部の計10部が恵まれた施設・設備を活用して活動しています。1年生は原則として全員加入ですが、2年生からは任意加入で活動します。
卒業後の進路はどうですか?
進学合格率、就職内定率ともに高い数値を維持しています。就職については男女とも内定者のほとんどが地元の企業に決定しています。
進路によって勉強する教科は違いますか?
普通科、家政科ともに自分の進路に合わせた選択授業・コースを選択します。とくに家政科は調理コース、被服コース、保育コースとそれぞれの分野で技術や専門知識を学びます。
就業体験学習とはなんですか?
松山町・鹿島台町の企業で3日間の就業体験を行い、進路活動に生かすための体験学習です。進学希望者もこの体験に参加し、職業感を養います。福祉や販売店、農産物栽培、製造、保育所などさまざまな業種の企業で体験学習を行います。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。