宮城県古川工業高等学校

宮城県古川工業高等学校は、昭和9年に古川商業専修学校として開校しました。
また、特色ある授業や活発な部活動などが特徴。工業の専門高校として実習施設・設備も充実しており、工業高校としては県内一の大規模校です。

偏差値

電気電子科42
機械科45
化学技術科43
建築科44
土木情報科39

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】電気電子科 機械科 化学技術科 建築科 土木情報科 

【部活動】
■運動部
野球、ハンドボール、バレーボール、バスケットボール、ソフトテニス、陸上競技、スキー、卓球、サッカー、柔道、自転車競技、剣道、ラグビー、水泳

■文化部
土木情報研究、建築研究、電気電子研究、機械研究、化学技術研究、吹奏楽、英語研究、理科研究、演劇、書道、美術、計数、写真、囲碁・将棋、ダンス

【学校行事 ※日付は平成22年度】
新入生対面式、部活動紹介 4月
体育祭 7月
古工展(文化祭) 10月
芸術教室 11月

【住所】〒989-6171 宮城県大崎市古川北町4丁目7番1号
【電話】0229-22-3166

学習内容紹介

【土木情報科】
土木に関する基礎的な知識・技術とコンピューターに関する基礎的技術について学ぶ学科です。

【建築科】
建築に関する基礎的な技術と知識を学ぶ学科です。

【電気電子科】
電気・電子・通信・情報に関する基礎的、基本的な技術と技術を習得させ、産業界で幅広く活躍できる技術者を養成する学科です。

【機械科】
機械に関する基礎的な知識と技術を習得し、機械工業や関連分野の業務に従事できる技術者を養成する学科です。

【化学技術科】
化学工業や関連分野、化学工業、新素材、バイオテクノロジー、情報処理技術に関する基礎的な知識と技術を学ぶ学科です。

特徴と校風

学校は大崎耕土の中央に位置しており、地域風土に育まれながら歴史・伝統を誇っています。また、校舎、実習棟および新体育館には最先端技術機器が完備。生徒達は恵まれた環境で授業や実習にのびのびと取り組んでいます。

進路状況

【平成24年度】
大学 33人
短期大学 7人
大学校 3人
専門各種学校 45人
就職 146人
進路未定・その他 1人

主な進路先

■4年制大学
石巻専修大学、尚絅学院大学、仙台大学、東北学院大学、東北工業大学、いわき明星大学、神奈川工科大学、金沢学院大学、城西大学、中部学院大学、東北芸術工科大学、日本大学、日本工業大学、八戸工業大学など

入試情報(平成26年度)

  1. ・募集定員…電気電子科 40名

 機械科 80名
 化学技術科 40名
 建築科 40名
 土木情報科 40名
・通学区域…全学科 全県
・前期選抜入試割合…全学科 定員の30%以内

選抜・評価について

前期選抜入試…学力検査と調査書に加えて、集団面接を行い選考します。
後期選抜入試…学力検査で選考します。傾斜配点は実施されません

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
※旅行積立金、生徒会費等別途徴収

制服

男子:学生服
女子:ブレザー(濃紺)、スカート(グリーンのタータンチェック)、リボン(グリーン)

学校への行き方

JR陸羽東線古川駅下車、徒歩25分

学校生活Q&A

どのような資格を取得することができますか?

在学中に受験可能な資格試験は以下の通りです。
・土木情報科…測量士補、測量士。土木施工技術者
・建築科…測量士補、建築施工技術者
・電気電子科・電気類型…第1種・第2種電気工事士、第3種電気主任技術者、電気工事施工技術者、工事担任者
・電気電子科・電子類型…情報処理技術者、無線従事者、特殊無線技士
・機械科…2級ボイラー技士、技能検定3級
・化学技術科…公害防止管理者、危険物取扱者
このほかにも卒業後に受験可能な資格試験が多くあります。

選択授業にはどんなものがありますか?

3年次から生徒一人一人の進路に合わせ、普通科目と専門科目の選択を4単位、普通科目どうしの選択を2単位選ぶことができます。

部活動は盛んですか?
バレーボール部やハンドボール部、自転車競技部、スキー部、卓球部、陸上競技部、柔道部などの活躍がめざましく、インターハイや国体に県代表として出場することも多々あります。
定時制課程の設置学科を教えてください。
古川工業専門学校では定時制課程も設けています。電気科、機械科の募集を行っており、定員はそれぞれ40名ずつです。定時制課程でも第二種電気工事士、アーク溶接技能、ガス溶接技能、ボイラー取扱者、危険物取扱者、ワープロ技能検定、計算技術検定、情報技術検定の資格を取得することが可能です。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。