仙台市立仙台第二工業高等学校

2010年4月、仙台第二工業高校が仙台市立仙台工業高校の定時制課程に移籍し、新たなスタートを切りました。平成18年に創立90年を越え、全国でも有数の歴史を誇る男女共学の公立の定時制工業高等学校だと言えるでしょう。昭和62年に完成した仙台第二工業高等学校の専用教室と仙台工業高等学校との共用実習棟を使用していますが、そのレベルは大学の施設設備並の充実度を誇ります。その中で、在校生は、教育目標「昼働き夜学ぶ」の精神をもとに、社会人として必要な教養や知識を高め、社会で活躍できる優れた工業人を目指して、工業に関する専門科目の学習と、新しいコンピュータシステムによる情報処理等の学習を行っています。

学校詳細情報

【公立高校】
【定時制】男女共学
【設置学科】建築土木科 機械科

【部活動】
■運動部
バドミントン、バレーボール、バスケットボール、軟式野球、陸上競技、柔道、剣道

■文化部
音楽、写真、自動車、社会歴史愛好会、レクリエーション愛好会、電気愛好会

【学校行事 ※日付は平成22年度】
野外研修 5月
仙二高祭(隔年) 10月
体育祭(隔年) 10月

【住所】〒983-0042 宮城県仙台市宮城野区東宮城野3-1
【電話】022-231-2948

学習内容紹介

【建築土木科】
建築および土木に関する基礎的、基本的な知識と技術を身に付けます。

【機械科】
機械に関する基礎的・基本的な知識と技術を身につけ、将来、産業界の各分野で活躍できる人材の育成を目指しています。

特徴と校風

変化と進歩の激しい現代に、すぐに役立つ工業人の育成に力を注いでいます。また、有能な社会人の育成も目指しており、工業科目32単位に加え、普通科目44単位の履修も可能です。

進路状況

■2013年 3月卒
進学 15%
一般就職 70%
その他 15%

■過去3年間の主要進学先
石巻専修大、東北工大、東北学院大、仙台高等技術専門校、石巻高等技術専門校

入試情報(平成26年度)

・募集定員…建築土木科40人 機械科40人
・通学区域…県内全域
・推薦入試割合…両学科ともに定員の30%以内

選抜・評価について

推薦入試…両学科とも学力検査に加えて、15分間の個人面接が実施されます。
一般入試…個人面接はありますが、傾斜配点は行いません。

主な年間経費 (平成26年度)

不明でしたので、掲載しません。

制服

制服は定められていません

学校への行き方

JR仙石線「陸前原ノ町駅」下車徒歩15分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
数は少ないですが、生徒が進んで参加し、活動は盛んです。
学校の雰囲気はどうですか?
自主自立に加え、向学精神に溢れた活気があります。
進路によって勉強する教科は違いますか?
学科・コースによって学習内容は変わります。
卒業後の進路はどうですか?
学んだ知識・技術を活かして就職したり、さらなる向学のために専門学校に進む生徒が目立ちます。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。