宮城県第二工業高等学校

昭和18年に開設された修業年限4年の夜間定時制工業高等学校で、電気科と電子機械科の2学科があります。平成4年には実習棟、平成6年には校舎棟が完成するなど施設・設備も充実。平成7年からは、女子募集開始と共に完全給食も開始されました。
「明朗闊達・勤労愛好」を校訓に、日毎に進展する科学技術に即応できる工業人、教養豊かな社会人、創造的な行動力のある職業人の育成を目指して授業を展開しています。

学校詳細情報

【公立高校】
【定時制】男女共学
【設置学科】電子機械科 電気科

【部活動】
■運動部
軟式野球、バドミントン、バスケットボール、卓球、山岳、剣道、柔道

■文化部
EV

【学校行事 ※日付は平成22年度】
校内スポーツ大会 9月
ボウリング大会 10月
修学旅行 11月

【住所】〒 980-0813 宮城県仙台市青葉区米ヶ袋3-2-1
【電話】022-221-5659

学習内容紹介

【電子機械科】
電子機械に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得します。工業における電子機械の意義や役割を理解し、電子機械技術の諸問題を主体的、具体的に解決する能力が身に付きます。

【電気科】
電気技術に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得します。電気設備及びこれに関する諸分野の業務に従事するために必要な知識と実践的な能力が身に付きます。

特徴と校風

最近では資格取得に力を入れています。危険物取扱者、ガス溶接、計算技術検定、トレース検定、フォークリフト運転技能、パソコン検定、電気工事士、情報技術検定などに生徒と教員が一丸となって熱心に取り組んでいます。

進路状況

主な進路先

■4年制大学
東北学院大学・東北工業大学

入試情報(平成26年度)

・募集定員…電子機械科40人 電気科40人
・通学区域…県内全域
・推薦入試割合…両学科ともに定員の30%以内

選抜・評価について

推薦入試…両学科とも学力検査(英数国)に加えて、作文と個人面接が実施されます。
     作文は40分間、個人面接は10分程度実施されます。
一般入試…個人面接はありますが、傾斜配点は行いません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
生徒会費 5,200円
PTA会費 5,600円
学級費 2,600円
給食費 39,415円
校内行事費 2,700円
全国大会派遣費 2,000円
情報技術費 5,000円
生徒会誌発行費 500円
旅行積立金 30,000円

制服

制服は定められていません

学校への行き方

仙台市営地下鉄「五橋駅」下車、徒歩15分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
とても盛んで、各部とも全国大会にも出場するなど優秀な成績を収めています。
学校の雰囲気はどうですか?
学校行事・部活が充実しているため4年間楽しい高校生活が送れます。
進路によって勉強する教科は違いますか?
学科によって学習内容は変わります。
卒業後の進路はどうですか?
学んだ知識・技術を活かして就職したり、さらなる向学のために専門学校に進む生徒が目立ちます。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。