宮城県工業高等学校

宮城県工業高校は1913年に創立され、90年を超える歴史を持つ工業高校です。即戦力の人材を育成することを目指し、様々な資格が取得できるなど、教育・指導体制と生徒の頑張りが就職率の高さに繋がっています。

偏差値

機械科45
電子機械科51
電気科46
化学工業科48
インテリア科47
情報技術科50

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】共学
【設置学科】機械科 電子機械科 電気科 化学工業科 インテリア科 情報技術科
【部活動】
■運動部
陸上競技・サッカー・バレーボール・野球・水泳・ソフトテニス・バスケットボール・バドミントン・卓球・山岳・柔道・剣道・レスリング・空手道・ハンドボール・弓道

■文化部
社会・美術・文芸・書道・自動車・弱電・工芸・茶道・(情報研究)・自然科学・写真・ギター・吹奏楽・新聞・化工・コミックイラスト・囲碁

■愛好会
軽音楽・映像研究・機械技術研究・将棋・(陶芸)・ダンス

【学校行事】
運動祭 4月下旬
芸術鑑賞会 6月
球技大会 8月中旬
宮工祭(文化祭) 10月下旬
校外ホームルーム(2学年クラス毎に、2泊3日の旅行) 12月上旬

【住所】〒980-0813 宮城県仙台市青葉区米ヶ袋三丁目2-1
【電話】022-221-5656

学習内容紹介

【機械科】
機械設計・機械工作・製図・情報技術・生産システムなどの理論や、旋盤・スライス盤などの工作機械、ロボット・コンピュータ・溶接機などの仕組みや操作法といった工業分野の知識を学びます。

【電子機械科】
電気・電子、機会および情報技術に制御技術を結合した電子機械に関する基礎的な知識や技術を学びます。

【電気科】
電気に関する知識と技術を学びます。将来的に、電気・電子機器製造業、電気事業およびその他電気技術の応用される諸分野において、研究・設計・製造・工事などに従事できる技術者を目指す学科です。

【化学工業科】
石油化学製品・セラミックスの製造、地球環境化学などの応用範囲の広い化学工業に関する知識・技術や情報処理技術を学びます。

【インテリア科】
デザインおよびインテリア建築に関する知識と技術を学び、企画、設計、施工、管理並びに空間を構成する関連産業の技術技能が身に付きます。

【情報技術科】
電気電子、情報通信およびコンピュータに関する知識と技術を学び、ネットワークやプログラミング等の情報技術者の養成を目指します。

特徴と校風

「誠実・節度・創造」の校訓をもとに、工業教育を通じて産業社会に広く貢献できる工業技術者の育成を目指しています。基礎力がしっかりと身に付けられるよう、各分野6つの学科が設置されており、細かな教育と指導、学習が期待できるのが特徴です。

進路状況(平成25年度)

国立4年制大学 53人
短期大学 7人
専修各種学校 37人
就職 201人
その他 1人

主な進路先

※カッコは人数 (1)は省略
山形大学(4)、宮城大学(3)、秋田大学、東北学院大学(21)、東北工業大学(9)、宮城学院大学(3)、尚絅学院大学(2)、千葉工業大学(2)、工学院大学、東北職能大学(4)、高専編入(4)、仙台高技専、花壇自動車大学校(2)など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…機械科80人、電子機械科40人、電気科80人、化学工業科40人、
インテリア科40人、情報技術科40人
・通学区域…全学科とも県内全域
・推薦入試割合…各学科募集定員の30%

選抜・評価について

推薦入試…全学科とも、推薦書・調査書・個人面接の結果を総合的に審査されます。
一般入試…面接や傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
生徒会費      6,900円
PTA会費    2,400円
遠征費       6,000円
教育振興会費 12,000円
校外ホームルーム積立金 6,4000円(1・2学年合計)

制服

男子:学生服
女子:ブレザー(紺)、ベスト・スカート(チェック)、スコットタイ(エンジ、ストライプ)

主な出身有名人

佐藤洋平(プロサッカー選手)、稲垣潤一(歌手)、佐藤誠一(元プロ野球選手)など

学校への行き方

仙台市営地下鉄「五橋駅」下車、徒歩約15分。または、仙台市営バス・宮城交通バス、ともに霊屋橋下車、徒歩5分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
愛好会も含めると多彩なジャンルの部活動があり、自分の興味に合わせて選ぶことができます。活動も精力的で、インターハイや東北大会に出場する部もあるなど好成績を残しています。
学校の雰囲気はどうですか?
各種技能資格取得試験を積極的に受験するなど、将来のスペシャリストを目指す姿勢が活発で意欲的な学生生活に繋がっています。
進路によって勉強する教科は違いますか?
入学時に6学科に分かれているため、それぞれの分野で専門的な知識や技術を学ぶことができます。
卒業後の進路はどうですか?
ほとんどの生徒が就職していますが、大学に進学する生徒もいます。短期大学や高専への編入などもあり、幅広い選択肢があります。
学校見学はできますか?
中学生3年生および保護者・中学校教員を対象として毎年行っており、学校概要や入試についての説明、授業公開もしております。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。