宮城県貞山高等学校

貞山高校は1978年に誕生し、1990年に単位制高校として新たな出発をしました。県内では初、全国では第6番目の単位制高校です。生徒一人ひとりが、入学時にあらかじめ3年で卒業するか4年で卒業するか、いわゆる修業年限を自分で決定し、学習目標、生活設計、学習歴などに応じて教科・科目を選択して学習します。その修得単位数の合計が74単位になると卒業資格が得られる無学年制の高校です。

偏差値

普通科32

学校詳細情報

【公立高校】
【定時制】男女共学
【設置学科】普通科

【部活動】
■運動部
(昼間部)
軟式野球、サッカー、バスケットボール、バドミントン、バレーボール、陸上、柔道、卓球、剣道、(ソフトテニス同好会)

(夜間部)
陸上、柔道、バレーボール、バスケットボール、サッカー、バドミントン、卓球

■文化部
(昼間部)
美術、バンド、ペン習字、手しごと、演劇、文芸、写真、放送部、中国語同好会、英語同好会

(夜間部)
美術、メカニカルトレーニング、文化研究、軽音楽同好会

【学校行事】
修学旅行、校内体育大会 7月
秋季対抗戦 9月
貞山高祭(文化祭) 10月
予餞会 2月

【住所】〒985-0841 宮城県多賀城市鶴ヶ谷1-10-2
【電話】022-362-5331

学習内容紹介

【普通科】
単位制による定時制課程普通科の高校であるため、74単位修得すれば卒業資格が得られます。4年で卒業するのが一般的ですが、単位制なので努力しだいで3年間で卒業することも可能です。また、教科・科目の選択幅が広いため、進学、就職、各種の資格取得など、多様な要望に対応できる教育課程となっています。

特徴と校風

単位制であり、選択科目が多いため、自分の得意分野を専門的に勉強したい人、学校内外でいろいろな活動をしたいと計画している人にとっては恵まれた学習環境が用意されています。また、規模の大きな単位制高校と違い、担任制を採っているため、1クラスは20人程度としており、普通の高校よりきめ細かな指導をしています。

進路状況

【平成24年度】
■昼間部
大学・短期大学 10人
専修各種学校 16人
就職 38人
その他 17人

■夜間部
専修各種学校 4人
就職 12人
その他 5人

主な進路先

■4年制大学
東北学院大学、東北福祉大学、石巻専修大学、東北生活文化大学、日本大学、慶応義塾大学など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…昼間部120人 夜間部40人
・通学区域…県内全域
・前期選抜入試割合…昼間部・夜間部ともに定員の20%以内

選抜・評価について

推薦入試…個人面接・学力検査の結果が総合的に審査されます。
一般入試…傾斜配点はありませんが、個人面接が実施されます。施。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
PTA会費 4,800円
振興会会費 3,000円
生徒自治会費 4,000円
生徒活動費 3,300円
生徒会誌代 500円

制服

制服は定められていません。

学校への行き方

JR仙石線「多賀城駅」より徒歩15分。または、JR東北本線「塩釜駅」より徒歩25分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
昼間部と夜間部で所属できるクラブは異なりますが、それぞれに一生懸命活動しています。
学校の雰囲気はどうですか?
チャレンジ精神を持った生徒が多く、意欲的に学んでいます
進路によって勉強する教科は違いますか?
単位制のため、一人ひとりの希望によって学習カリキュラムが異なります。
卒業後の進路はどうですか?
進学、就職と幅広い進路が待っています。
学食はありますか?
食堂はあります
学校見学はできますか?
学校説明会が実施されています。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。