仙台市立仙台高等学校

仙台高等学校の前身である仙台市立仙台中学校は1940年に開校しました。仙台市内では宮城県仙台第二高等学校の次に歴史が深く、伝統ある学校です。現在の校名「仙台高等学校」に改称されたのは1948年で、この時に校名から「仙台市立」が外れています。
1975年の入学生から男女共学となるなど、仙台市内の男子普通高校では最も早い共学化を行っています。また、2009年からは再び校名に「仙台市立」が付くことになりました。

偏差値

普通科50

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】普通科

【部活動】
■運動部
陸上競技、硬式野球、軟式野球、サッカー部、ハンドボール、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、テニス、ソフトテニス、卓球、(柔道)、バドミントン、弓道、剣道、フェンシング、水泳、ソフトボール、空手道

■文化部
吹奏楽、文芸、写真、生物、美術、書道、天文地学、映画、語学、茶道、化学、放送、情報処理、家庭(被服・調理)、ダンス

 ■愛好会
華道、演劇

【学校行事】
遠足 4月
県総体 6月
球技大会 7月
学習合宿 8月
仙高祭(文化祭) 9月
芸術鑑賞 10月
研修旅行 12月
Phonenixゼミ研修会(1年)、HR研修旅行 発表会(2年)、予餞会 2月

【住所】〒981-8502 宮城県仙台市青葉区国見6-52-1
【電話】022-271-4471

学習内容紹介

【普通科】
4年生大学への進学希望者が多いため、基本的には国公立大学進学を目指した学習内容です。ただし、2年次から多様な選択科目を設定し、数学や国語には習熟度別の講習も用意されるなど幅広い進路希望に対応しています。

特徴と校風

単位制を導入することにより、今まで以上に生徒の進路希望や興味関心に合わせた科目を多く設定することができました。各自の自主自律の精神がますます求められます。また、研修旅行の目的地や行程が生徒の話し合いによって決められるのは特徴的です。

進路状況

【平成24年度】
国立大 10人
公立大 10人
私立大 309人
国公立短大 2人
私立短大 9人
看護学校 16人
公立専門 3人
各種専門 50人
就職 2人
公務員 9人

主な進路先

■4年制大学
宮城教育大学、山形大学、福島大学、電気通信大学、東北学院大学、東北薬科大学、宮城学院女子大学、流通経済大学、文教大学、青山学院大学、中央大学、東洋大学、明治大学など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…280人
・通学区域…中部北地区

選抜・評価について

推薦入試…調査書に加えて、個人面接と学力検査が実施されます。
一般入試…面接や傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
学校納付金 84,490円
研修旅行積立金 85,000円

制服

制服は定められていません

学校への行き方

JR仙山線「国見駅」下車、徒歩15分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
全国大会出場経験のあるバスケットボール部や吹奏楽部をはじめ、とても盛んです。
学校の雰囲気はどうですか?
文化祭や研修旅行などは生徒自身による運営・実行意識が強く、自由闊達な雰囲気があります。
進路によって勉強する教科は違いますか?
進学希望者が多いですが、進む学校や学部・学科が異なるため、選択する科目が異なります。
卒業後の進路はどうですか?
高い進学実績があり、半分以上の生徒が大学進学を目指しています。
学食はありますか?
食堂のほかに、売店や自動販売機も設置しています。
学校見学はできますか?
学校説明会やオープンスクールを実施しています。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。