宮城県泉松陵高等学校

泉松陵高校は昭和56年4月に創立されました。生徒一人ひとりに対する親身な指導を心がけ、学習や部活動などで多くの成果を上げています。校舎・教育設備の面においても整備・充実が図られ、生徒にとっての快適な学校生活をサポートしています。1年次からスケジュールが体系化され、個性を大切にした進路指導を行っています。

偏差値

普通科44

学校詳細情報

【公立高校】
【全日制】男女共学
【設置学科】普通科

【部活動】
■運動部
陸上、バドミントン、卓球、剣道、男子バスケットボール、硬式野球、サッカー、ソフトボール、ソフトテニス、弓道、男子ハンドボール、女子バレーボール、新体操、水泳

■文化部
家庭、科学、写真、茶華道、英語、書道、美術、演劇、応援団

【学校行事】
泉三校定期戦 5月
高校総体、開校記念日(30日) 6月
松陵祭(文化祭) 7月上旬
球技大会 8月下旬
マラソン大会 10月下旬
芸術鑑賞会 11月中旬
修学旅行 12月中旬
スキー教室 1月

【住所】〒981-3109 宮城県仙台市泉区鶴が丘四丁目26-1
【電話】022-373-4125

学習内容紹介

【普通科】
1年次は基礎的、基本的な事項に重点がおかれます。数学・英語の授業時間を通常より増やし、習熟度別授業やTT(Team Teaching)授業により理解度をさらに深める取り組みを実施。2年次では文系・理系のクラスに別れ、3年次では国立文系・私立文系・国立理系・私立理系・看護医療系の5類型に分かれます。

特徴と校風

学校は泉区の東部、鶴が丘の高台にあり「県民の森」に隣接。自然環境にとても恵まれた学校です。都市部の学校としては校庭がかなり広いのも特徴のひとつ。教育設備の面においても整備・充実が図られ,平成14年には待望の食堂兼合宿所も完成しました。こういった恵まれた環境の中、変化に富んだ四季の景観の移り変わりを背景に、生徒たちはのびのびと明るく高校生活を送っています。

進路状況

【平成24年度】
国公立大 13人
私立大 162人
短期大学 10人
大学校 2人
看護系専門学校 8人
専修学校・各種学校 48人
公務員 7人
一般企業 10人
その他(受験準備未定) 15人

主な進路先

■4年制大学
宮城教育大学、宮城大学、山形大学、東北学院大学、仙台白百合大学、宮城学院大学、東北工業大学、神奈川大学、拓殖大学、東京農大学、日本大学など

入試情報(平成26年度)

・募集定員…280人
・通学区域…中部北地区
・推薦入試割合…定員の20%以内

選抜・評価について

推薦入試…学力検査に加えて、面接が実施されます。
     面接は一人10分程度。
一般入試…面接や傾斜配点は実施されません。

主な年間経費 (平成26年度)

授業料 なし(高等学校等就学支援金新制度について
生徒会費 7,200円
旅行積立金 56,000円
父母教師会費 2,400円
教育振興会費 18,000円
同窓会費 1,200円
部活動後援会費 4,000円

制服

男女共通:ブレザー(ツイード、グレー)、ベスト(黒)
男子:ズボン(グレー)
女子:スカート(グレー)

学校への行き方

宮城交通バス鶴が丘ニュータウン線(下り)「泉松陵高校入り口」下車、徒歩5分。

学校生活Q&A

部活動は盛んですか?
県内でトップクラスを誇る弓道部の活躍をはじめ、各部とも精力的に活動しています。
学校の雰囲気はどうですか?
話しやすく(何事にも真剣に相談にのってくれる先生方が多く、心強いです。また、行事がたくさんあるため生徒同士の結びつきも固く、活発な学校です。
進路によって勉強する教科は違いますか?
違います。1年次は全員が数学・英語に重点的になりますが、2年次からは文系・理系に分かれることもあり、進路希望に応じて教科・科目が異なります。
卒業後の進路はどうですか?
90%の生徒が大学進学を希望しています。そのため、進路達成に合わせたカリキュラムが組まれており、進学実績も毎年優秀な結果となっています。
学食はありますか?
創立20周年記念事業の一環として、平成14年に待望の食堂兼合宿所が完成しています。
学校見学はできますか?
中学生および保護者向けの説明会を実施しています。

※このページは2014年2月時点の情報を元に作成しています。