教科別対策法 ~理科~

理科の学習ですべきこと

理科は実は小学校までの呼び名で、中学校からは「科学」になります。そして高校ではさらに細かく分類されます。
中学校の科学は1分野と2分野がありますが、高校ではそれぞれ理科総合A、理科総合Bと名前を変えて学習していきます。大まかに分けると以下のようになります。

理科総合Aとは「物理」と「化学」の分野
理科総合Bとは「生物」と「地学」の分野

理科総合は大まかに理科の基礎を学ぶものであるので、しっかり学校の授業を受けていればよいのです。難しいのは「物理」「化学」「生物」などの科目。これらの科目はそれぞれの分野をより専門的に学習するものですので、内容も高度な事象を扱うことが多くなります。特に無機・有機化学は覚えることが多く大変です。

ただし、各学校によって勉強する内容に偏りがあることも事実です。習った端からその分野のセンター試験対策をする場合もあるし、実験レポートが多い授業が行われる場合もあるので、一概に勉強方法を1つに確定することはできません。
また、教科書をあまり使わずに図表やプリントで授業が進む場合もあるので、なかなか予習もしにくい教科です。そういった理由から、高校の科学の学習においては、「復習を重視」するのが有効な学習法です。
科学は科目によっては暗記しなければならないものも多い教科ですが、ただ丸暗記するのではなく、系統立てて理解することが必要です。また、仕組みを理解して要点を抑えて覚えると、楽しみながら効率よく勉強することができます。

そのような「要点を抑えた学習法」を、各学校の授業内容に合わせてご提案するのも、私たち「経験豊富なプロ教師」ならば可能です。