新聞奨学生のシステム

新聞奨学生とは、大学や短大、専門学校に入学するときに必要な学費を奨学会が立て替えてくれる制度です。奨学生は新聞配達によりその奨学金を返済します。

新聞奨学制度のメリット

普通、奨学金を受ける場合は在学中に貸与だけを受け、卒業してから返還します。しかし、新聞奨学生は卒業まで新聞配達業務を続ければ返済の義務はありません(奨学金が返済額を超えている場合は、越えている分だけ返済する必要があります)
また、住居も用意してくれるほか、給与も出るので生活費の心配も要りません。自力での進学を考えている人にはとても便利なシステムです。
また、就職活動の際には新聞社より「就職推薦状」の発行を受けることができます。企業の担当者に奨学生であることをアピールすることで印象アップをねらうことができます。

新聞奨学制度のデメリット

朝刊配達のために毎日早朝に起きなくてはなりませんので、生活パターンが体に染みつくまでは体がついてこないかもしれません。また、朝刊と夕刊を配達する場合はかなり忙しく、学校と仕事の休日が合わない場合もあります。業務内容に集金業務が入っている場合は勤務が夜遅くまでかかってしまうこともあり、ハードな労働であるといえるでしょう。
さらに、夕刊の配達をしていると、午後の授業に出席するのが難しくなります。近年では、単位取得を考慮した夕刊配達のない勤務コースを用意している奨学会が多くあります。ただし、一緒に働く人や専売所により業務の辛さに幅があるのが実情のようです。
やりとげたあとは達成感もありますし、人として大きく成長することができます。経済的な理由で進学をあきらめてしまわずに、このような制度を利用するという選択肢も考えてみてください。

主な業務

奨学金を出す会社によって業務の内容は少しずつ違いますが、主な業務の内容は「朝刊の配達」「新聞チラシの折り込みなどの付帯作業」「夕刊の配達」「集金」です。奨学会によって夕刊配達がなかったり集金がなかったりするコースがありますので、大学のカリキュラムなどを考えながら選択するとよいでしょう。

1日の流れ

奨学会や専売所により流れに差はありますが、一般的な新聞奨学生の1日を紹介します。

2:30 起床
3:00 出勤、配達準備(チラシの折り込みなどの作業)
4:00 朝刊の配達
6:30 配達終了
9:00 学校へ登校
15:30 夕刊の配達
21:00 就寝