大学下見マニュアル

志望校候補や志望校の下見にはできるだけ行くことをおすすめします。
大学は高校などと比べて比較的オープンな空間ですので、下見のチャンスは多くあります。特にオープンキャンパスでは大学の雰囲気を直に感じることができますので、積極的に参加してみましょう。また、オープンキャンパス以外の日でも、ほとんどの学校では窓口や入試センターに申し出ると、見学させてもらえたり、案内や入学相談を受けられたりします。日程が合わない等の理由でどうしても参加できない場合は、学校に相談してみることをおすすめします。
ただ校舎や施設を眺めるだけでなく本当に自分に合った大学なのを見極めるため、いくつかの手順とポイントをご紹介します。

オープンキャンパスに参加しよう

オープンキャンパスとは、大学がキャンパスを開放し、入学相談などを行うイベントです。いわゆる学校説明会ですが、学生によるキャンパスの案内や、実際の授業を体験する等、イベントを通じて学校を知ってもらうという趣旨が強く、そこまで堅苦しいものではありません。
夏休み中に行われることが多いですが、年間を通して土日などに行われている大学も多くあります。学校によっては、他県の学生確保のためにバスで送迎を行ったり、昼食をつけたりと様々な工夫がされている様子です。また、より多くの学生さんを確保するため、オープンキャンパスや、学校見学会を開催する日は年々増えている傾向にあります。

試験会場の下見としても

志望する大学は個別試験の際に受験会場となることもあります。そのため「キャンパスの下見をすること=受験会場をチェックすること」ともいえます。教室の様子やトイレの位置なども確認しておくと、当日の安心度が違うでしょう。

普段の学生生活を体験

オープンキャンパスでは、ホームページやパンフレットなどではわからない、学生の声を直に聞くことができます。また、授業を体験することができる場合もありますから、入学した後のイメージが固まり、受験勉強に対するモチベーションも上がるかもしれません。

参加前によく確認!

オープンキャンパスの日程は、よくほかの大学と被ってしまう場合があります。日程をよく確認しておくようにしましょう。また、参加に予約が必要な場合が多いので、連絡を忘れないように。当日突然行った場合に、受け付けてくれないこともあります。
持ち物としては学校から何か指定がない場合、筆記用具や大学の資料・地図などだけでかまいません。ただし、説明会の中で学校案内などの大量の書類をもらう可能性が考えられますから、大きめのカバンを持参するようにしてください。

下見ではここがポイント

■交通の便を確認
入学後に自宅から通学する場合は特に、学校までの交通事情が気になるところです。できれば下見に行く際に、実際の通学方法を想定して行ってみてください。隠れた問題点や便利なアクセス方法が見えてくるかもしれません。

■学校周辺のチェックも
学校周辺に一人暮らしをする場合はもちろんですが、自宅より通学する場合も入学後利用する可能性がある周辺施設をチェックしておきましょう。道が暗い、周辺の施設が学習環境にふさわしくないなど、治安について気になる点を見ておきます。一人暮らしをする場合は別の候補地を考える必要も出てくるかもしれません。

■学校内の施設をチェック
トイレや教室の綺麗さは、学校の状態を知るひとつの目安です。また、施設の充実度でも得意分野や研究の力の入れ具合をうかがうことができます。特に自分が学習したい分野についての施設は、よく確認しておくようにしましょう。また、希望をいえば施設内を見学させてもらえる場合もあるかもしれません。

■教授を見る
どのような施設や設備よりも、大学生活に影響を与えるかもしれません。常日頃から学校にいる先生の様子を見るとその学校の雰囲気も見えてきます。体験授業には、ぜひ積極的に参加するようにしましょう。

■在校生を見る
学校の雰囲気を知るには、先生と同時に学生の様子も見てください。実際に大学生活を送っている当事者ですから、その様子は大きな参考になります。ただし、キャンパスには様々な学生がいますから、一部の学生を見るのではなく、できるだけ多くの学生を見るほうがいいでしょう。