大学受験 勉強のアドバイス

受験勉強は日々の積み重ね、毎日の予習が大切です。
英語・古典の訳は自力でつくりましょう。数学は自分で教科書を読み、例題や問いに取り組みましょう。できた・できないよりも、問題意識を持って授業に臨むことが大事です。
そして、大学調べは早めに取り組みましょう。はじめは地域・学部などに注目して大学を調べてみるといいでしょう。早めに大学のことを調べておけば、そのぶん進路に多くの選択肢が生まれます。AO入試などを考える人も、志望校は早めに決めています。
最終的に受験校を決めるのは、センター試験後でも間に合います。それまでは、自分の第一志望校に向けて一生懸命努力しましょう。努力したぶんだけ志望校に近づくことも事実なら、怠ったぶんだけ志望校が遠ざかることもまた事実です。
AO入試を受ける場合、十分な対策が必要です。しかし、AO入試のみを視野に入れるのではなく、万が一のために一般入試の対策と並行することが重要です。 AO入試を受けるからといって、勉強を疎かにすることは良くありません。アップルでは通常の授業と並行して、面接練習・小論文添削などのAO入試対策もおこなっております。

小論文対策について

大学入試に小論文が必要な場合もあります。小論文は作文と勝手が違い、書きはじのころは苦労するかもしれません。小論文を書く上で大切なのは知識です。身近なできごと、受験する科に関係する事項にとくに注目し、新聞やニュースで時事問題など常に取り入れましょう。時間もきちんと計りましょう。はじめは制限時間内に書ききれないと思いますが、何度か書くと時間内に書けるようになります。慣れないうちは、下書きを一度書いてから清書するといいでしょう。そして、書いた小論文は必ず他の人に読んでもらいましょう。できれば専門の先生に読んでもらうことが望ましいです。添削してもらい、それを直していくことの繰り返しで、小論文は上達していきます。アップルでも教師が生徒さんの小論文を添削し、書き方をアドバイスしています。受験までに多くの小論文を書き、それを添削してもらいましょう。