大学一般入試の仕組み

一般入試は「大学入学共通テスト」と大学独自の「個別学力検査」で構成されています。
高校卒業(見込み)、高校卒業程度認定試験合格者(旧大検合格者)の方なら誰でも受験が可能です。
大学入学共通テストはこれまでのセンター試験同様、1月に行われます。また、前期日程は2月初旬、後期日程は3月中旬くらいに実施される大学が多いようです。

国公立大学入試

国公立大学の入試は、一次試験として大学入学共通テスト、二次試験として各大学の個別試験を行い、それらの結果を総合して合否を判定します。どちらの結果を重視するかは各学校により異なります。大学が募集したい学生のタイプにより得点比重は変わりますので、自分の志望校がセンター重視なのか個別試験重視なのかは知っておいた上で受験に望むとよいでしょう。

個別試験の仕組み

個別試験は、分離分割方式により前期試験と後期試験に別れています(中期日程を設けている大学もあります)。分離分割方式とは、同一大学、学部が募集人員を前期と後期に分けて2回個別試験を行う方法です。このことで、受験生は2回の受験チャンスがあるということにあります。
前期日程に合格し、入学手続きを行ってしまうと後期日程の合格資格は失ってしまいます。そのため、前期日程に第一希望の大学に出願するのが一般的です。

私立大学入試

私立大学の入試は、個別試験のみ、大学入学共通テストのみ、両方受験という3つの方法があります(大学入学共通テストの結果を利用する試験方式は、これまで「センター利用方式」と呼ばれていたものです。)
また、「全学部日程」で1日に全学部を受験できる学校や、3回受験のチャンスを設けている学校もあります。

試験の仕組み

これまでのセンター利用方式では、理系・文系とも3教科3科目が主流でした。出願さえすれば何校でも併願が可能です。ただし、受験しやすいため倍率が高くなってしまう傾向にあるようです。入試制度改革等に伴い、このような試験方式も変化する可能性があります。有用な情報を逃さないよう、気になる大学を積極的に調べましょう。
個別試験の形式は学校によって様々です。受験科目が1教科だけの大学や小論文のみの試験を行う大学など、多様ですので、募集要項をよく確認しておくようにしましょう。また、出題内容についても過去問から傾向が大きく変わることがよくあります。受験対策の際は過去問演習だけではなく幅広い学習を心がけておくとよいでしょう。