出願から受験までにかかる費用

入試にかかる受験料は、併願しているうちに以外と大きな金額になってしまうものです。また、受験料のほかに交通費や宿泊費など、付帯する費用も決して小さい額ではありません。
一生を左右することですので節約しにくい部分ですが、一校一校の受験に大きな金額が動くものだという自覚をもちながら、受験にあたって欲しいと思います。

願書の購入

願書は大学によって価格に差がありますが、平均して1,000円程度です。そのため、3校に併願する場合は、3,000円程度の費用が必要です。

受験料

多くの方が一校だけではなく、何校か併願して受験することかと思います。
だいたいの受験料の目安を把握しておきましょう。

国公立大学の受験料

国公立大学の受験料はどの大学でも同じ内訳です。

ンター試験受験料 … 3教科以上 18,000円… 2教科以下 12,000円成績開示希望の場合は+800円2次試験受験料… 17,000円

私立大学の受験料

私立大学の場合は学校や学部によっても違いますが一般的には35,000円程度です。ただし、センター試験利用入試と一般受験を併願した場合など、割引制度を設けている大学もあります。

学部 受験料平均
文理系 約35,000円
医療系 約50,000円
学部 受験料平均
センター利用型 15,000円~25,000円
センター利用型 医療系 30,000円~40,000円

交通費・宿泊費

遠方の学校を受験する際に、無視できないのが交通費や宿泊費。交通費に関しては、JRや航空便では学割や受験生のための特別割引などのサービスをしている場合がありますので、うまく利用してみましょう。 宿泊費は併願の学校数によっては数日の滞在が必要なときがあります。受験生用の安価なホテルや旅館もありますが、通常のホテルだと8,000円~15,000円くらいの料金を考えておくと良いでしょう。

地方試験会場を利用

地方試験会場とは、各大学のキャンパス以外で受験できる会場のことです。遠隔地の大学を受験する場合でも、移動の日数を計算する必要がない、交通費・宿泊費がかからない、精神的負担が少ない、など受験者にとって様々なメリットがあります。
地方試験会場を設けているのは私立大学が多いですが、近年では国公立大学でも地方試験会場を設けているところがあります。