教育コラム

「仙台経済界」掲載コラム

第17回 お子さんのやる気ありますか?

先日当社で、プロのコーチである宮崎 良徳講師を迎え「教育コーチング基礎講座」を行いました。「コーチング」とは目的達成に向けて、相手の自発的な行動を促進するコミュニケーションスキルです。ビジネスで注目されているこの技術を教育に生かす試みが今回の講座です。
相手をやる気にさせるコーチングの3大スキルは「聴く」「承認する」「質問する」です。この中でも、「承認する」つまり、相手のことを認めるというスキルがとても重要です。気付かないうちに自分の中で「良い」「悪い」を判断してしまい、自分の価値観を押し付けてしまうことはよくあります。
例えば「今回のテスト、悪かったんだぁ。」「何やってるの!」ではなく、「悪かったんだ。(承認)それで、どう思ったの?」「もっと点数取れると思ってたのに。」「何点くらい取れると思っていたの?」「70点はいけると思った。」「70点なら良かったよね。どうすれば取れたのかな?」「数学の関数もっとやっておけばよかったかな。」「次はどうする?」「一日20分くらいでも多めに勉強してみるよ。」
これはかなり理想的な会話例ですが、「ぜんぜん勉強していないんだから、悪くて当然でしょ。」などと言ってしまわず、まずは「承認する」ということから始めてみませんか?「教育コーチング講座」は今後も予定しております。詳しくは当社までお問合せください。

「リビング仙台」コラム目次へ戻る