公立中高一貫校の入試対策指導例

まずは、小学校の授業を大事にし、学習内容をしっかり身に付けることです。また、校内外の活動にも積極的に参加して、さまざまな体験をさせるのも効果的。考える力や知識、応用力が適性検査には求められるからです。
以下は公立中高一貫校を受験するにあたり、アップルで取り組んでいる指導例です。

公立中高一貫校に合格するための指導

  • (1)丁寧な字で書く指導
  • (2)習っていない漢字を辞書で引かせて、できるだけ漢字で書かせる指導
  • (3)主要4教科における教科書プラスαレベルの知識を完全に習得させる指導
  • (4)幅広い知識と教養を身に付けさせる指導
  • (5)語彙力と表現力(言い回しなど)のレベルアップを図る指導
  • (6)作文力、文章構成力を身に付けさせる指導
  • (7)先行体験と社会経験をつませ、個性をのばす指導

「書く力」「読む力」「考える力」+「知識」

参考引用:どんぐりスクール主宰・畠山一徳先生談

公立中高一貫校に合格するためのテクニック

  • (1)模範解答や解答例は万能ではない
  • (2)常態の文章に慣れる
  • (3)一文の長さには十分注意する
  • (4)解答欄の大きさから、書くべきおよその文字数を読み取る
  • (5)結果的におなじことを言っている解答はしない
  • (6)「見たまんま解答」をしない