公立中高一貫校の受験対策

1999年(平成11年)に文部科学省が中高一貫教育制度を打ち出してスタートしました。
スタートの年はわずか3校でしたが、平成22年度は402校、平成23年度は31校増加し433校となっています。(全国に500校設置予定)内訳は、中等教育学校51校、併設型298校、連携型84校です。

仙台市をはじめとした宮城県内でも、小学生からの進路選択が求められる時代になりました。そのため、公立中高一貫校、私立中学、国立中学と、それぞれに求められる受験対策を考えなければなりません。

中高一貫校の形態や入試制度、考えられる対策をご案内していますので、中高一貫校へ入学を希望される方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

宮城県の公立中高一貫校紹介

中高一貫校入試情報セミナー資料

>> 資料の続きをご覧になりたい方はこちらからお申し込みください。